Close RECOMMEND

I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.


5. 昇進したいことを上司に対し明確にする

あなたが昇進を求めていることを上司が理解していると思い込まないこと。より多くの責任を担うことを全従業員が望んでいるとは限らないからだ。上司と会議を行い、キャリアの目標について議論するのはあなたの責任だ。

目指しているものが何かをきちんと説明すれば、上司はあなたを支援できるはずだ。上司はには、あなたの計画に全面的に協力してもらうこと。

6. 一貫して高い成績を収める

時々素晴らしい成果を出すだけでは十分ではなく、常に同じレベルで高いパフォーマンスを発揮しなければならない。昇進できる従業員は、同僚や上司がいつでも頼れる優秀な存在だ。

ここに挙げた6つの資質を示すだけでなく、仕事に完全に打ち込むこと。毎日出勤し、100%の力を注ごう。そうすれば、上司は必ずそれに気づくはずだ。

昇進には時間がかかるので、考えていたより長い時間がかかってもイライラしないこと。仕事に対する熱心な取り組みを続け、その努力は最後に報われると覚えておこう。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい