Close RECOMMEND

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

ビリー・アイリッシュ (Photo by Jeff Kravitz/2019 iHeartMedia)

2019年最大の新人と呼ばれる女性シンガー、ビリー・アイリッシュのデビューアルバム「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」が全英アルバムチャートで初登場1位を記録した。

発売1週間でチャートの首位に立つことは、どんなアーティストにとっても名誉なことだが、とりわけアイリッシュが初週1位を記録したことは大きな意味を持つ。彼女は世間の人々が想像するよりも、ずっと若いのだ。

全英チャートを集計するOfficial Charts Companyによると、現在17歳3カ月のアイリッシュは、英国アルバムチャートの首位に立った史上最年少の女性ソロアーティストだという。

これまでの女性ソロアーティストの史上最年少記録は、今から約15年前の2004年に、アルバム「Mind Body And Soul」で首位に立ったジョス・ストーンで、彼女は当時17歳5カ月だった。つまり、アイリッシュはストーンよりも2カ月若い年齢で、1位を獲得した。

全英チャートで18歳になる前に1位を獲得した女性は、これまで2人しかいない。アイリッシュが偉大な成果を収めたことは疑いようのない事実だ。

Official Charts Companyは男性も含めた、全ソロアーティストやグループの史上最年少記録についてはふれていないが、17歳5カ月の若さで、「Bury a Friend(友人を埋葬する)」という文学性あふれる、大人びたタイトルの曲を送り出す彼女の才能は圧倒的だ。

昨年のフォーブスの「30アンダー30」の音楽部門に選出されたアイリッシュは、8歳からロサンゼルス児童合唱団で歌い、13歳の時に兄のフィニアスと一緒に書いた楽曲「Ocean Eyes」を2016年にサウンドクラウドで公開し、批評家の絶賛を浴びた。

それ以来、音楽業界関係者の間で「ポップ界の神童」と呼ばれてきたアイリッシュは今、シンガーとして、ソングライターとして揺るぎなきポジションを築き始めている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい