Close RECOMMEND

.

Conceptual image of Canoo lifestyle vehicle indicates design direction and shape

BMW出身の3名が設立し、10億ドルの資金を調達したEV(電気自動車)企業として注目を浴びたのが、ロサンゼルス本拠の「EVelozcity」だ。

同社は製造を全て外部に委託することでコストを抑え、5万ドル以下のEV車両3種類を2021年までにリリースすると宣言したが、先日、社名を「カヌー(Canoo)」に改め、サブスクリプション型のビジネスモデルに特化した事業を始動するとアナウンスした。

同社が新たに掲げるゴールは「消費者を大手自動車メーカーが支配する、車の所有というライフスタイルから解放すること」だ。カヌーは、クルマを売るのではなく、4車種のEVを月額固定の料金で提供していくことを目指す。

カヌーは今後の3年間で4車種を用意し、それぞれの車両は新たなライフスタイルの追求や、ライドシェア、デリバリーや通勤に最適化されていくという。同社の車両は「スケートボード」と呼ばれる構造により、室内スペースを最大化する。

カヌーが送り出す車両は、これまで誰も見たことのないデザインと、画期的な操作性を備えたものになる。ライフスタイルモデルは既存のコンパクトカー並みの小型サイズだが、室内スペースはSUVに匹敵すると同社は述べている。

EVは既存のありきたりなガソリン車のデザインから解放されるべきだ、というのがカヌーの考えだ。同社はこれまでのクルマの概念を打ち破る、全く新しいスタイルのEV車両を市場に投じようとしている。

同社のStefan Krauseは声明で次のように述べた。「カヌーという名前を選んだ理由は、この名前で、クールでリラックスしたイメージを打ち出せるからだ。数千年もの間、カヌーはシンプルでサステナブルな移動ツールとして、世界中で用いられてきた」



EVelozcityという社名で約15カ月前に創業したカヌーは現在、350名の社員を抱え、米国や中国の提携先工場でEV車両を製造しようとしている。

最初の車両は2021年に公開の予定だが、カヌーはまだ価格帯を明らかにしていない。Krauseは以前のフォーブスの取材に対し、次のように述べていた。

「アップルのブランド価値はデザインとエンジニアリングの力であり、自分たちで製造を行うわけではない。我々もエンジニアリングとデザインで勝負をし、コアなファンを持つ米国発のEVブランドを作りたい」

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい