テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

人気DJのマシュメロが、ロックバンドのバスティルとコラボした楽曲「Happier」は大ヒットを記録し、発表から6カ月以上を経た今もチャートに残り続けている。

「Happier」は今週、ビルボードのHot 100で6位に再浮上し、Hot Dance/Electronic Songsチャートでは、27週連続で1位をキープしている。この状況が続けば、同チャートでの史上最長の1位保持記録を更新できそうだ。

「Happier」は現在、ザ・チェインスモーカーズの楽曲「Closer」に次ぐ記録を、Hot Dance/Electronic Songsチャートで達成しており、トップに君臨した期間の長さで史上3位となっている。

マシュメロとバスティルらが史上1位の座を獲得するためには、今後6週に渡りトップを維持し、昨年Zeddとマレン・モリス、Greyらがコラボした楽曲「The Middle」が達成した、連続33週1位の記録を塗り替える必要がある。

「Happier」は先週、Aviciiの「Wake Me Up」が記録した、連続26週トップの記録を追い抜いた。この楽曲の勢いは依然として衰えておらず、来週もトップの座に君臨することはほぼ確実だ。

総合ランキングのHot 100で、ダンスミュージック系の楽曲が長期間に渡り10位圏内にとどまる例は稀で、「Happier」が、ジャンルに特化したランキングで史上最長記録を更新することは、十分考えられる。

マシュメロは今年2月、ゲームの「フォートナイト」内でヴァーチャル・ライブを開催し、10分間のイベントが1000万人以上に視聴されたことでも話題となった。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい