Forbes CAREER編集長

ガイアックス本部長 管大輔

いつかの映画の話だ。
その映画ではレインボーブリッジを封鎖できないとか、カーキ色のモッズコートを羽織った主人公が叫ぶシーンが誇張して使われていた。ただ、自分はそれとは別のセリフがいまだに脳裏に焼き付いて離れない。

「リーダーが優秀なら、組織も悪くない」

優秀なリーダー.......過去を振り返ってみても、優秀なリーダーに出会った経験は極めて少ない、つまりは希少。ロールモデルが少ないがゆえにリーダー、愛される管理職の絶対数が増えないとも言える。

そんなことを考えていた、とある映画を見た後に。その直後、一人の若者に会った。「今の上司がいなければ、今の組織もない、今の自分もない。本当に尊敬しています」

その上司とは部下の支持を獲得し、38%もあった離職率を0に。同時に売上も2015年-2017年で5倍にしたというガイアックスの本部長、管大輔氏だ。

先に彼を物語る上で欠かせない要素を2つだけお伝えする。

・会社のデスクを減らし、事業部を完全リモートスタイルに変革
・自身も定住している賃貸マンションを解約し、家なし子、いわゆるアドレスホッパーに

なかなかエクストリームな人間だが、平成も終わろうとしている中、いまだに昭和式のマネジメントスタイルが横行する現代に一石を投じられるのは彼しかいない。

鼻から「無理だよ」と言うのではなく、まずは彼の話を「目で聴いてほしい」。

新卒のために、僕は家を捨てた

まず、ここまでお付き合いいただいた読者の疑問に応えたい。

「管理職と、家を引き払うこと、関係ないだろう?」と。事実、会社にデスクがないのはまだしも、家がないというのは管理には関係ないことだ。この疑問を率直にぶつけたところ、意外すぎる、いや器の大きさを感じられるエピソードが返ってきた。

管「今年、2019年の4月にエンジニアの子が新卒で入社するんです。非常に優秀ですが、その子は今、広島に住んでいて、ガイアックスの仕事以外でも広島という地域に貢献するような活動を続けたいと。だから、リモートでの勤務を希望していました。

別におかしなことではないですが、“新卒から即リモート”の勤務形態は、まだまだ目立ってしまいます。だったら、上司である自分が、もっと凄いことをやればいいのだと。その結果、家を引き払い、国内外で仕事をしようと思ったのです」

管大輔
写真左にはバックパックとトランク。「いつも持ち歩くのはしんどいですね」、と笑う管氏

文=後藤亮輔

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい