I write about management in its many forms.


3. 失敗はマネジメント開発の重要な一部

これも私自身の経験で、聞き苦しい詳細は省いて説明すると、マネジメントキャリアの初期にあった私と、その直属の部下にあたる女性管理職の間で起きた出来事だ。彼女はある部下の人事評価を予定通り終わらせることができないまま、大きなプロジェクトを抱え、また別の仕事の締め切りにも追われていた。

彼女は上司である私に対し、人事評価を数日先延ばしにできないかと頼んだ。私は理解を示して延期を了承したが、これは賢明な判断ではなかった。私はその後、しっかりとしたフォローアップを怠り、結果として締め切りに間に合わない事態が次々と起き、年末のボーナスについての混乱が生じ、訴訟を起こされる恐れにまで発展した。

この失敗の責任は最終的に、私以外の誰にもなかった。マネジメント責任の失敗だ。私はこの失敗から、貴重な教訓を学んだ。嵐が収まったところで、私はやり方をがらりと変えようと決めた。それから数十年にわたり100人以上の人事評価をこなしてきたが、私は常に締め切りを守り、部下に対しても1分たりとも締め切りを破らせることはなかった。

この手の話はさまざまなパターンがあるだろうが、私が経験したことはさほど珍しいものではないはずだ。マネジメントは、うまくこなせるようになるまでに時間がかかるものなのだ。

失敗は、説得力のある良き教師になる。私は最初から失敗から学ぶのが好きだったわけではないが、時が経つうちにその価値を理解するようになった。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい