Close RECOMMEND

I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

LightField Studios / Shutterstock.com

上司が変わると、ストレスが生まれるかもしれない。自分の働き方を変える必要性を感じることもある。だが、この変化を脅威ではなく好機ととらえ、最高の形で一歩を踏み出そう。以下に、新たな上司に自分の価値を示す5つの方法を紹介する。

1. 上司についてできるだけ調べる

上司に会う前に、その経歴について調べよう。リンクトインのプロフィールや企業のウェブサイトに載っている経歴を見ておくこと。もし上司と働いたことのある知人がいれば、そのマネジメントスタイルについて尋ねてもいい。多くを知っておけば、上司がどんな経験に価値を見出すのか分かるだろう。

2. 上司との面談を設定する

上司から声がかかるのを待たずに、率先して行動に出ること。上司はたくさんの部下や優先事項を抱え、すぐにあなたと関われないかもしれない。早くコンタクトすれば、ミスコミュニケーションはその分減る。良い上司はコミュニケーションや自主性を評価するものだ。

3. 自分の実績をまとめる

上司との面談時に、これまでの自分の実績を伝えること。上司について収集した情報を基に、相手に最もインパクトを与えられそうな自分の成果を何点かピックアップしよう。上司はあなたがどんな人で、何ができるのかを知りたがっている。こちらからそれを伝えよう。

4. 優先事項について聞く

面談時は上司の話を聞くこと。上司との良い関係構築には、双方向のコミュニケーションが必要であり、聞くことは話すことと同じぐらい大切だ。上司がしたいことや、チームや組織としての目標を知ろう。話を聞くことで、自分がどう役立ち、サポートできるか分かるだろう。

5. オープンマインドを持つ

上司の発言や希望に驚くこともあるかもしれない。世の中にはさまざまな人、さまざまな上司がいる。オープンマインドを持ち、相手に質問をすること。社会人として成長するには、さまざまなタイプの人、個性、リーダーシップスタイルに対応できることも必要だ。自分は成長したいのだと上司に示そう。

上司が変わるのはストレスかもしれないが、これを好機ととらえて最高の一歩を踏み出そう。上司について情報収集し、面談を設定してイニシアチブを取り、自分の実績を伝え、話を聞き、オープンな心を持つこと。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい