オトコが語る美容の世界

Natural Products Expo Westの会場にて(筆者撮影)

毎年この時期は、米カリフォルニア州アナハイムで開かれる「Natural Products Expo West」に出かける。ディズニーランドに隣接するアナハイム・コンベンション・センターで行われるこの見本市は、ナチュラル製品、オーガニックやエコ関連の食品や商品が展示される世界最大級のものだ。

幕張メッセで行われている「ドラッグストアショー」への出展が約400ブースだが、こちらは4000ブースで、規模だけでも10倍はある。しかも、入場するには関係者でも審査が必要で、パスポートやIDは必携。参加費も4万円ほどと高額なため、見てまわるにも気合いが入る。会場はとにかく広く、覚悟しておかないと歩くだけでも疲れる。そこで得る情報はリアルで楽しいし、役に立つ。

今年は、世界130カ国の企業が出店していた。中国や韓国、インドといった国のメーカーが多かったが、日本からは10社に満たない。4000ブースの中でそれだけというのはかなり寂しい。日本の会社のブースがあると、顔見知りでもないのに、ついつい寄って挨拶してしまった。



企業×政府で「自国」アピール

とはいえ、日本企業のブース自体は少ないが、会場にはたくさんの日本人が歩いていて、通りすがりに名札を見ると、大手商社や流通会社、百貨店系列やレストランカフェチェーンの人などだ。熱心に視察していた1人と話すと、日本でも売れそうな新商品を買い付けに来ているのだという。

確かに、このような海外の展示会で商品を見つけて、東京や大阪で流行らせ、ビジネスを成功させている人たちを何人か知っている。流行はアメリカやヨーロッパのほうが早いので、見本市や展示会はそれを見出すワクワクする場所でもある。

しかし、逆も考えてみるが、欧米の人が日本で買い付けて、「日本のメイドカフェチェーンをテキサスで展開しよう」「和菓子屋をNYで始めよう」「煎餅に焼印をつける機械を日本から輸入してヨーロッパで販売しよう」というのはレアケースだ。日本ほど、外国から輸入して商品を売ろうという発想がないように思える。

欧米人、そしていまは中国の人が、「自国のものを、自国の文化を」とプッシュしてくる。しかも、国やら支援機関やらがセットになって推してくる。

地元カルフォルニア州の出展ブースで話をしていたら、押し売りかと思うほど商品に対して熱心で、陽気に振る舞う女性がいた。あまりに熱心なので、「あなたが創業者か」と訊いたら、「州の行政の人間で、地元のブースを応援して回っている」とのこと。

文=朝吹大

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい