Close RECOMMEND

Create the life you want through intentional relationship building.


3. 副業追求の支援をする

タフの経験では、ミレニアル世代の多くは自分自身のプロジェクトを持っていて、情熱を傾けている。「自分が次のマーク・ザッカーバーグになる、あるいは次のウーバーやエアビーアンドビーを作ることを心に描いている。それを抑えつければ、欲求は強まるだけで、退職につながってしまうかもしれない」とタフ。

「その取り組みを支持し、支援の手を差し伸べさえすれば、多くの人は起業が難しいことに気づき、サイドハッスル(本業と別に行うビジネス)をしたいという欲を少し満たした後で諦め、現在の仕事に改めて感謝するようになる」

「ミレニアル世代の従業員をメンタリングし、サイドハッスルを追い求める支援をすると、むしろ厳しい現実を示せることが分かった。起業は万人向けではなく、合わない人の方が多い。ミレニアル世代はそれを少し味わって、もう十分だと感じる」。サイドハッスルを自由に追求させれば、ミレニアル世代はその支援に深く感謝し、関係が発展するはずだ。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい