Close RECOMMEND

.

ZGPhotography / shutterstock.com

英国のEU離脱を控え、ヨーロッパの起業シーンにも変化が起きている。グローバル展開を目指すヨーロッパのスタートアップが拠点に選ぶ都市と言えば、最近まではロンドンやベルリンだった。

しかし、イギリスの起業支援情報サイト「Startups」が今年2月上旬に発表した「ブレグジット以降、起業に有利なヨーロッパの都市ランキング」では、ハンガリーの首都ブダペストが1位に選ばれた。

同ランキングは、イギリスとアイルランドを除くヨーロッパ30カ国80都市を、法人税率、輸出コスト、コワーキングスペースの数、イギリスとの間のフライト便数と距離、イギリスとの時差、飲食店の数、コーヒーの平均価格を指標に評価したもの。

ブダペストで生まれたスタートアップには、「LogMeIn」(リモート接続サービス)、「Prezi」(プレゼンテーション用ソフトウェア)、「Tresorit」(クラウドストレージ)などがあり、近年はテック系スタートアップを支援するアクセラレーターやインキュベーターの設立も相次いでいる。

イギリスから移り住んだスティーヴン・タスカーもその波に乗る一人だ。タスカーは2016年、マーケティング企業などにSEOサービスを提供する「SuperSize Digital」を創業。さらに、今年の夏、ウェブサイト制作者やマーケティング起業にA/BテストのSaaSツールを提供する「Polka Dot Tiger」を立ち上げる予定だ。

「(SuperSize Digitalが)これまでうまくやってこられたのは、高度な人材をイギリスよりも低い人件費で雇い、他社より低価格でサービスを提供してきたからだ」とタスカーは語る。

タスカーはイギリスの大学に在籍中の2010年、EUの留学奨励プログラム「エラスムス」を使って、初めてブダペストを訪れた。すぐに街を気に入ったタスカーは翌年、母国で大学を卒業後、ブダペストで働き始めた。

「外国人居住者のコミュニティが比較的小さく、すぐに街なかで出会って知り合いになる。小規模でフレンドリーな環境が居心地よかった」

優秀な人材が低コストで採用できる

だが、2011年当時は国際的なスタートアップが成長できる環境は今ほど整っておらず、タスカーが勤めていたSEO企業も暗礁に乗り上げる。

そこでタスカーは一旦帰国して大企業で経験を積むことを決意。やがてイギリス有数の広告代理店に就職し、オンラインマーケティング部門のトップに登りつめた後、2016年に幼馴染と共同で「SuperSize Digital」を立ち上げた。

編集=海田恭子

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい