フォーブス ジャパン編集部 エディター

gettyimages

2018年12月に公開され、大人気を博しているネットフリックス初の実写インタラクティブ作品『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』。同作品に続く、2作目の実写インタラクティブ作品『You vs. Wild』が4月10日に公開されることが、2019年3月18日、19日の2日間にわたってロサンゼルスオフィスで開催されている、ネットフリックスのプレスツアー「Netflix Labs Day 2019」のセッション内で明かされた。

Netflix
提供=ネットフリックス

『You vs. Wild』は密集したジャングル、そびえる山々、残忍な砂漠、そして神秘的な森を舞台にしたアドベンチャー作品。視聴者は世界中でエキサイティングな冒険をするサバイバルエキスパートの「Bear Grylls」に加わり、さまざまな選択を行い、冒険を進めていくという。Bear Gryllsが成功するか失敗するかは、自分の選択次第となる。

『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』は1時間30分ほどの映画だったが、『You vs. Wild』はオリジナルシリーズの作品で、エピソードは全部で8話になる予定だという。

現在、開催中の「Netflix Labs Day 2019」は”エンターテイメントの未来を切りひらくコンテンツ制作の現在と技術力”をテーマに、エグゼクティブをはじめ、現場責任者がセッションに登壇。

オリジナルコンテンツ制作の舞台裏に加え、Netflixが独自の開発している世界中に作品を届けるための革新的な技術など、最新のエンターテインメントの現場が紹介されるイベント。同イベントのセッションの内容は後日、Forbes JAPANで記事化する予定だ。

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい