Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


 
歴代のユニフォームデザインをモチーフにした特別ユニフォーム

DeNAと聞くと、プロ野球参入当初は新しいことだけやって、中途半端に放り出すのではないかと思われていました。そうではなく、私達は皆さんに生かされています。大先輩のマルハニチロが53年間、そしてTBSが築いたものの上に私達が今いるので、感謝の気持ちや歴史を大切にする姿勢は横浜DeNAベイスターズが最も大切にしている事です。そのため今回のケースは幸運というか良い機会をいただいたなと思います。

スポンサー企業と向き合う事が多い中で今回のケースは初めての経験がたくさんありました。スポンサー企業が私達に協賛いただく場合は様々な目的があります。今回のように共同で記者会見を行い、ファンの皆さんから「マルハニチロおかえり」「ベイスターズも70周年一緒に取り組めて良かったね」など賛同の声を多くいただける企業との取り組みは新しい経験となりました。

──3月21日のオープン戦、そしてレギュラーシーズン中の6試合以外でも今後何か仕掛けていくお考えでしょうか。

:そうですね。今後発表させていただきますけど、70年を振り返るミュージアムですとか、コラム企画を進めています。これから1年間かけて順次、発表いたします。

阿部:販売の方も盛り上がってきています。お互いのロゴを使い合うという契約ですので、わが社のソーセージですとか、神奈川県の量販店のキャンペーンや通販でも仕掛けを行なっていこうとしているなど社内でうねりが起こっています。お互いのPRにもなりますし、周りの人にもキャンペーンの提案を活発的に行なっています。


3月10日にオーヴィジョンスタジアム下関で開催されるオープン戦に着用予定だった、大洋ホエルーズ時代のユニフォーム。当日は雨で試合が中止となり。3月21日の試合で着用が予定されている。

事業部とのコラボ商品というアイディアも少しずつ生まれてきています。「横浜あんかけラーメン」という冷凍食品でもベイスターズのロゴを使わせていただいています。まずは関東、東北で販売してみようと話しています。

販売計画の見直しは毎年行なっていますが、ベイスターズというカードを得る事で選択肢に厚みが増しました。量販店とも一緒に企画する事を持ち掛けるなど、営業での厚みが出たというのは社内でも聞こえてきます。

:私達の会社の中でも非常に盛り上がっています。まさか一緒に70周年の事業を出来るとは社長を含め、みんな思っていませんでした。

──この企画の終着点はやはり優勝ですかね。

:70周年のメモリアルイヤーに日本一になって、1998年のように選手達をマルハニチロに連れていき、一緒にイベントが出来たら良いなと思います。

阿部:そういう結果となれば、うちの従業員も喜びすぎて倒れてしまう人が山ほどいるかもしれません(笑)。優勝を目指して、がんばっていきましょう。

文=新川諒 写真=小田駿一

Forbes Sportseight横浜denaベイスターズマツダ
VOL.20

大谷翔平に続け! 今年のMLBに「二刀流」旋風

VOL.22

スポーツ業界で存在感増す「楽天」 NBAとパー...

PICK UP

あなたにおすすめ