Close RECOMMEND

I cover career advancement, career change, and entrepreneurship.

PK.Phuket studio / Shutterstock.com

2016年に大学を卒業し、デジタルマーケティング企業アンセル(Ansel)の共同創業者となったジョン・リムは、デジタルノマドとして世界を旅しながら4万ドル(約450万円)の学生ローンを返済した。

リムは当初、職探しをしたもののうまくいかなかった。法律や高等教育などさまざまな業界の仕事に応募したが、フルタイムの仕事の内定はもらえなかった。落胆したリムは、韓国で教師をするために米国を後にし、世界を旅した。いくつか動画マーケティングの仕事をする中で仕事が増え、ビジネスの成功につながり、ついにはリムにとって2つ目のマーケティング企業で、理念を持つブランドに特化したアンセルを創業するに至った。

大学を卒業してからの職探しがうまく行かない人は、無職の既卒者から世界を旅する起業家へと転身したリムからヒントを得てみよう。

自分のスキルや才能を全て棚卸しする

「子どもの頃、ありがたいことに学校にiMacがあった。私はその中に入っていたiMovieで1日中遊んでいた。高校・大学を通し動画作りを趣味として続け、最後の年には大学の新聞のため料理番組を制作した。非常に良いレビューが集まり、最終的にはドリンク・ジン+ジャ(Drink Jin+Ja)という食品ブランドからマーケティング活動を依頼された」(リム)

リムが大学で取った学位はクリエーティブ、グラフィック、ビジネス系プログラムではなく、一般教養教育だ。しかし、彼は職探しを自分の学位と直接関係のある場所に絞るのではなく、子どもの頃からの趣味や、正式なインターンシップではない課外活動から得た体験と結びつけていった。あなたは、自分の趣味やサイドプロジェクトで得たスキルで、アピールできるような特別なものはあるだろうか?

目に見える成果を出す

「私の最初のマーケティング活動では顧客獲得単価を50%削減し、顧客はこの活動を主要なクリエーティブ戦略として活用して評価額を2000万ドル(約22億円)まで成長させた。そこから、さらに多くのマーケティングの機会がもらえるようになり、より短期間で成功できるようになった。そのおかげで、マーケティングを始めて1年目にして、規模が100万ドル(約1億1000万円)以上の企業数社の立ち上げを支援できた。うま過ぎる話だと思うかもしれないが、私も同じ気持ちだった。夢がかなった」(リム)

一度コンサルティングの機会を与えられたリムは、それをうまくこなすことで、次の仕事につなげた。臨時の仕事を副業(あるいはフルタイムの仕事)にすることは可能だ。失業中なら、ボランティアやプロボノ活動としてコンサルティングをすることで、目に見える成果を示すことができる。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい