挑戦する人と挑戦する企業をつなぐ、Forbes JAPAN 初の採用ブランディング

「15歳の時、アメリカ行きを決断していなかったら、いま、僕はここにいないでしょうね。英語もろくに話せないまま、地元で、“井の中の蛙大海を知らず”、そのものの人生を歩んでいたかもしれない」

そう語るのは、株式会社FreewillのCEO麻場俊行だ。SI(システムインテグレーション)を柱に多様な事業を展開する同社は、すべてにおいて“グローバル”かつ“フラット”。こうした組織を作るまでには、人生でいくつかのターニングポイントがあった、と麻場は振り返る。

「高校時代を過ごしたアメリカでは、自我が見事にぶち壊されましたね。何かひとつでも他人より秀でているものがあれば、ヒーローになれる。“なぜ、この授業をやるのか”、逐一先生がその意義を教えてくれる。シェークスピアの詩を暗唱できる奴が女の子からモテる。――人間関係から教育、恋愛に至るまで、日本とはまったく違う思考を求められた」

19歳だった1997年。バックパッカーとして世界を横断したことも、彼の人生を語る上では欠かせない。生きるとは何か。そんな抽象めいた問いかけに、お金を得るために挑んだ過酷な農作業が、海の中で共存共栄する魚たちの姿が教えてくれた。道すがら出会った仲間たちとの語らいの中で、今後発展するであろうITの可能性を感じたのもこの頃だった。

「IT技術をベースに、異なった人種が共存共栄する組織をつくりたい」――麻場が抱き続けていたこの思いに賛同し、後ろ盾となってくれたのが、現会長・天野雅晴。彼との出会いは麻場にとって、最大の契機となった。

社名の通り、“自由意志”。給与とKPIは自身で設定

2013年、Freewillを共同創業した麻場と天野。このふたりには共通点がある。海外留学、居住の経験から「常に日本を俯瞰して見ている」ことだ。

「ガラパゴス化していると言われて久しい日本ですが、我々が最も危惧しているのが、グローバル人材を生かす土壌が少ないということ。目の上のたんこぶとなっていた“英語が話せてディベートもできる”人がしっかり評価される企業を、まずは作りたかった」

Freewillは、麻場がもともと在籍し、現在も天野が代表取締役会長を務める会社のグループ企業として創業。その流れを汲み、主力事業はSIとなった。現在、社員の国籍は全12カ国。社名の“自由意志”を体現する取り組みは実にユニークだ。

「採用は、お互いの成功のために必要な“パートナー”探しという感覚で行っています。入社後もフェアな関係性を維持すべく、メンバーの一部は給料やKPIを自分自身で決めている。部署異動もローテーションも自由。手を挙げた人が昇進できる。基本、自分の考えに従って動ける組織にしています。逆にいうと、能力があっても、意志のない人はここではやっていけないでしょう」

Promoted by Freewill

あなたにおすすめ

合わせて読みたい