国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

ブガッティ「ラ ヴォワチュール ノワール」

デトロイト、フランクフルト、パリ、上海、東京など、国際モーターショーは世界各地で開催されるが、ジュネーブ・ショーは特別な役割を果たしている。なぜなら、電気自動車の次世代モデルやコンセプトに加えて、多くのスーパーカーが発表される重要な場だからだ。

スイスという国柄もあり、ジュネーブは中立的なモーターショーなので、欧州を中心とした複数のスーパーカーブランドが盛大に展示する。今回のレポートでは、その中でも僕の目を引いたスーパーカーを取り上げよう。

まずは、フランスの名門ブガッティ。3月5日、同社は創始者であるエットレ・ブガッティの長男、ジャン・ブガッティの生誕110周年を記念したワンオフモデル「La Voiture Noire(ラ ヴォワチュール ノワール)」を発表した。

「シロン」をベースに、息を呑むほど迫力満点に仕上げられたそのスタイリングは、同社のエティエンヌ・サロメが担当。ふんだんに採用したカーボンファイバーのボディには、なんと1500ps、最大トルク1600Nmを発揮する8リッターW16エンジンを搭載。このクルマを購入したい人は、史上最高額の14億円を用意しなければならない。

英国のアストンマーティンが発表した3台の中からも1台、「ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト」を紹介しよう。この車は、同社初のミッドエンジン式スーパーカー・コンセプトモデルだ。つまり、エンジンをドライバーのすぐ後ろのエンジンベイに載せることによって、名門のフェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンと直接戦うことになる。

「ヴァルキリー」から受け継がれた先駆的モデルをさらに前進させたというわけだが、今までの典型的なデザインをより流線型したスタイリングは賛否両論だった。僕の知っている日本の某カーメーカーの有名デザイナーは、歯と歯の間から空気を吸いながら首を捻っていた。


アストンマーティン「ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト」

2022年にデビューさせるというヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプトの量産バージョンには、アストンマーティンが新開発したV型6気筒ガソリンターボエンジンが搭載される。

文=ピーター ライオン

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい