I cover side hustles, millennial career trends and entrepreneurship.


2. 自分自身の最大の擁護者になる

自分のストーリーを語るときに、ためらって能力を控えめに述べてしまってはだめだ。あなたは多くのものを提供できるし、人はそれを知りたいと思っている。ソーシャルメディアへの投稿、ウェブサイトの自己紹介欄、自分の作品へのリンクなど、共有するもの全てにあなたの個性を発揮する。

個人のウェブサイトやソーシャルメディアには、あなたの価値や情熱が明確に示されているようにしよう。人はあなたの人間的な側面を見たいと考えている。弱い面を見せれば人は共感してくれるようになるので、悪いことではない。

3. 共感を持ってもらえるコンテンツを共有する

意見を共有したり、ソーシャルメディア上での会話に参加したりすることを恐れないこと。ソーシャルメディアでは、自身の関心や職業に合った関連ニュース記事や外部の視点を再投稿し、自分自身のコメントも追加すること。さらに一歩進んで、キャリアの進展についてブログ記事を書いてもよい。

あなたが活動する業界で人気のトピックについて、オーディエンスと議論を始めよう。共感を生むようなコンテンツを作成し共有すればソートリーダー(思想的指導者)と認識されるようになり、オーディエンスがオーガニックに培われる。

4. ネットワーキング(人脈作り)の時間を持つ

人から接触されることはほとんどないので、それを待っていてはいけない。リンクトインを通して転職エージェントから連絡を受けその場で採用された話を耳にしたことがあるかもしれないが、こうしたケースはまれだ。

まずはつながりを構築したい人に自分から連絡を取ることから始めよう。コーヒーを一緒に飲んだり電話したりすることを提案し、興味を持っていることについて議論する。こうした意義のあるつながりを通し、プライベートの生活や仕事を前進させることができる。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい