Close RECOMMEND

I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

Mangostar / Shutterstock.com

採用面接は、自分のスキルや専門性を披露し、自分がその職に適材であることを証明する場だ。スキルはあなたの専門性を確立し、他の候補者との違いを明確にする。では、どうすれば自分のスキルを際立たせることができるだろうか?

1. スキルについてただ語るのではなく、そのスキルが会社にどう貢献するかを説明する

面接では、自分のスキルがどれほど会社に貢献するかをアピールし、面接官の管理職に対し、自分が会社やチームにとっての大きな資産となることを理解させよう。スキルについて語る時は、その内容を説明すると同時に、それが与えるインパクトについても話すべきだ。これまで自分がそのスキルを使ってどのように結果をもたらしたり、変革を推進したりしたかを説明すること。

スキルについて話す時は表現方法にも気を遣い、常に“私は”で始めるのでなく、スキルそのものについて語ると良い。チーム内で特定のスキルをどのように使ったかや、同僚との協働にどう役立てたかを説明する。リーダー職の採用面接の場合、チームのモチベーションを上げ、良きリーダーとなるため、どのように自分のスキルを利用したかも語るべきだ。

2. 現在や過去の仕事での事例を活用する

自分のスキルをアピールする最も効果的な方法は、例を提示すること。過去にスキルが役立った事例を語ることで、その仕事に自分がどうフィットするかを示すことができる。スキルをただ自慢するのでなく、それをどう使ったかを説明する方が、効果は高い。

現在あるいは過去の仕事で、特定のスキルを活用して成果を上げた事例を説明する。最大の効果を得るためには、ストーリーテリングの手法を使うこと。どのような課題があったか、自分のスキルがどう問題解決に役立ったかについてのストーリーを、そうしたスキルが強調されるような形で語ろう。

3. ソフトスキルを披露する

コミュニケーションや問題解決などのソフトスキルは、非常に価値の高いスキルだ。テクニカルなスキルよりも教えることが難しいソフトスキルは、会社ではとても重宝される。保有するソフトスキルをどれだけ上手く活用できるかを説明できれば、自分が会社にとっての資産となり得ることを証明できるだろう。

ソフトスキルの適用例は、面接でよく聞かれる質問の多くに答える中で示せる。ソフトスキルはテクニカルスキルに添えられるものであるため、両方のスキルを示すことで自分の専門性を裏付けられる。ソフトスキルを証明する簡単な方法のひとつは、面接中のボディランゲージに気を配ることだ。相手の目を見て話し、そわそわせず、落ち着いた態度を続けることで、口に出さずとも自分のソフトスキルをアピールできる。

面接の全ての解答に無理やりスキルの話を盛り込まないこと。質問の多くはスキルと関連付けやすいが、全てがそうではない。最も好ましい方法で適切な解答をし、自分を候補者の中で優位に立たせるよう、最善の判断をすることが重要だ。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい