I write about science, technology and the cultural ripples of both.

wavebreakmedia

「睡眠負債」は、私たちのほとんどが負っているものだ。私たちには、実際に取っている以上の睡眠が必要だということだ。

問題は、週末に余計に睡眠を取ることで、その週の睡眠負債を返済できるのかどうかということだ。そしてその答えは、「その可能性もなくはない」だ。

米コロラド大学ボールダー校の研究チームが米科学誌カレント・バイオロジーに発表した研究結果によれば、週末に長く眠ることで少しは効果が得られたとしても、健康への悪影響が完全になくなるわけではないという。

論文の最終著者は、「平日に無理をして、その分を週末に休むことで取り戻そうとするのが一般的な行動だ。だが、私たちの研究結果が示すのは、それは健康のための効果的な方法ではないということだ」と述べている。

研究チームは18~39歳までのボランティア36人を集めて3つのグループに分け、9日間の実験を行った。各グループの睡眠時間は、「毎晩9時間」「毎晩5時間」「最初の5日間は5時間、週末は好きなだけ、次の2日間は5時間」とした。また、期間中はボランティアたちの食生活を確認し、インスリン抵抗性を調べるための血液検査を行った。

過去の研究から、睡眠不足とインスリン抵抗性の上昇(悪化)には関連性があることが分かっている。つまり、慢性的に睡眠が不足している人は、糖尿病の発症リスクが高まるということだ。睡眠不足と肥満の関連性も確認されている。理由の一つは、就寝時刻が一定でないことにより、夜間の間食が増えることだ。

実験に参加した人たちのうち、睡眠時間を制限されたグループはどちらも、夜間の間食が増えて体重が増加し、インスリン抵抗性が高まった。週末に好きなだけ眠ることが認められたグループには、(夕食後の間食が減るなど)幾つかの良い点もあったが、週明けにまた5時間の睡眠に戻ると、前週と同じ状態に戻っていた。

週末に長く眠れたグループには、さらに悪い結果もあった。全身のインスリン抵抗性が9~27%上昇していたのだ。特に目立ったのは、肝臓と筋肉の抵抗性の上昇だった。骨格筋インスリン抵抗性の上昇は2型糖尿病につながることから、これは懸念すべき点だ。一方、睡眠時間を9日間ずっと5時間としたグループのインスリン抵抗性は、13%上昇していた。

今回の研究は小規模なものであり、今後より多くの人を対象とした調査が必要だ。だが、結果から基本的に確認されたことは、有益なものだと言える。

睡眠と健康の適度なバランスを保つための最善の方法は、従来から言われてきたとおり、毎晩少なくとも7時間の睡眠を取る習慣を持つことだ。この研究では、それが改めて確認された。実行するのは難しいが、これは科学が指し示す最も重要な基準の1つだ。

編集=木内涼子

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい