世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

セルフメイドウーマンは、新しい未来を生み出す挑戦者たちだ。

自分にはできそうにない……。そう思えるチャレンジも乗り越えられたのは、わくわくする気持ちを常に持ち続けられたから。自らのパッションで不可能を可能に変えた女性たちの言葉を紹介する。


メグ・ホイットマン(元ヒューレット・パッカードCEO)

──問題があるということは、その問題を素早く解決できるなら、いいことなんです。火中に飛び込む。そこから逃げてはいけません。

元イーベイCEOとして売り上げを5700万ドルから80億ドルまで伸ばしたこともあるメグ・ホイットマン。手腕を買われ、業績悪化に苦しむヒューレット・パッカードの経営に飛び込んだ。シリコンバレーの著名なベンチャーキャピタリスト、マーク・アンドリーセンは「彼女はこの会社が始まって以来、最も優秀なCEOだ」と評した。

ションダ・ライムズ(TV番組脚本家・プロデューサー)

──物語とは「あなたは一人ではない」と人々に集うよう語りかける“焚き火”のようなもの。人々をつなぎ、良い物語を伝えられる人が力を持つのです。



『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』や『スキャンダル 託された秘密』などの人気ドラマの脚本家として知られる、ライムズ。メディアの多様化が進む現代、無数の物語に触れた消費者の目は、とても肥えている。しかし、求められているのは変わらない。「人々をつなげる」という本質を持った物語だ。この本質を追求する、彼女のひたむきなパッションが多くの共感を呼んだ。

カトリーン・ボスレー(EDITAS MEDICINE CEO)

──何があっても、登りたい山が目の前に見えた。だから、無茶って思われるぐらい、お金を集めたの。

クリスパーキャス(遺伝子編集技術)を使った治療法を開発するEDITAS MEDICINEのCEO。革新的な治療法に惚れ込んだボスレーはリスクを厭わず、資金調達に励んだという。

カイリー・ジェンナー(モデル、タレント)

──6年生から紫のアイシャドウを塗っていたわ。もっと自分に自信を持ちたくて。

セレブファミリーの一員として知られるジェンナーが、最年少女性としてフォーブス誌の「自力で富を築いた米国女性富豪家ランキング」に入った。10歳からリアリティショーに出演していた彼女は、自信を与えてくれるメイクに夢中になった。自身を広告塔にソーシャルメディアで積極的に発信。リップキットの販売で8億ドルビジネスを築いた。

スーザン・ウォジスキ(ユーチューブCEO)

──本当に最初期の、始まったばかりのグーグルを見て学んだことは、あんなに小さな、あんなに謙虚な始まり方をした会社が、今のような大きなものになるとはとても信じられなかった。小さなアイデアを信じ、「変える力」を信じることが、いかに重要かを学びました。



スーザン・ウォジスキは、グーグル創業期にラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが借りていたガレージのオーナー。「多くの新しいテクノロジーが生まれる瞬間に立ち会った」という。現在は、グーグル傘下のユーチューブCEOとして手腕を振るう。

ミウッチャ・プラダ(ファッションデザイナー)

──仕事の重要性や、私たちが暮らすこの世界で互いにつながることの意味を信じています。常に好奇心を持って、学び続けないといけません。

プラダの創業者、マリオ・プラダの孫。家族に請われてファミリービジネスに参加することになったが、斬新な素材やデザインで人気を集めるように。「ミュウミュウ」を創設し、新作コレクションを今も発表している。仕事が世界に与える意味や責任感が彼女を突き動かしている。

ジェニー・ドーン(ユーチューバー)

──自分の仕事が楽しくてしかたないわ。おしゃべりしながら縫い物してるだけだもの。

キルト制作のチュートリアル動画で一躍人気者になった61歳の主婦。彼女の素朴なわくわくが人口1,800人の田舎町を「キルト界のディズニーランド」に変えた。ドーンとその子ども達らで設立した会社はキルト用記事やグッズの販売で44億円を売り上げるまでになった。

エイミー・ウェッブ(Future Today Institute創設者)

──日本から生まれるテクノロジーと想像力豊かな発想に感動したんです。それをきっかけに未来学者になりました。

米国で未来学者として活躍するウェッブは、2000年代初頭に英字紙の記者として日本に滞在。独自に進化した携帯電話などのテクノロジーに感動し、帰国後、最先端テクノロジーのトレンドを研究するFuture Today Instituteをつくった。

アン・ミウラ・コー(ベンチャーキャピタリスト)

──私が最も情熱を傾けているのは、何も差し出すものがない一少女に私が学んできたことや経験を共有すること。投資家の仕事もその延長です。



ベンチャーキャピタル、フラッドゲイトの共同創業者。リフトやタスクラビットなどに投資。フォーブス誌の「最も影響力のある投資家ランキング」にランクインした。大学生の時にヒューレット・パッカードの当時のCEO、ルー・プラットに出会い、投資家の道を進むことになった。

【関連】今の仕事に「わくわく」していますか? 日本の女性を動かした10の瞬間

文中写真=Getty Images イラストレーション=Kyle Hilton

VOL.1

今の仕事に「わくわく」していますか? 日本...

VOL.3

世界のセルフメイドウーマン100人に「わくわく...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい