Close RECOMMEND

Author of The Art of Startup Fundraising & Serial Entrepreneur

Ivanko80 / shutterstock.com

大成功を収めた起業家が、生産的な日々を送るため朝に実践している習慣にはどのようなものがあるだろうか?

1日の始まりは、その後の1日の流れに大きな影響を与えることがある。朝の習慣をぜいたくなものとして見る人は多いが、優秀な人は自分の習慣にきちんと気を配っている。

私が運営するポッドキャスト「ディールメーカーズ(DealMakers)」では、大きな成功を収めた起業家にその成功の軌跡について尋ねている。ここでは、起業に成功する人が朝行なっている10の習慣を紹介する。皆さんも試してみてはいかがだろう?

1. 目標とやることリストを確認する

その日に何を達成したいかに焦点を当てよう。このステップを踏まなければ、他の多くの人の優先事項に時間を費やしてしまうことになる。やるべきことは自分で管理し、自分にとって重要なことややりたいことに焦点を当てよう。

2. 読書をする

リーダーは読書をするものだ。ユーチューブは素晴らしいツールだし、オーディオブックやポッドキャストは非常に価値が高く効率的に情報を得られるが、読書には知識や情報を得る以外にも多くの効果がある。マーク・キューバンやウォーレン・バフェットが1日に数時間読書をしていることは有名で、イーロン・マスクやビル・ゲイツも熱心な読書家だ。読書は、世界で大きな成功を収める人によく見られる特徴の一つだ。

3. 運動をする

起業成功者が朝に行なう習慣の中で、特に人気があるものが運動だ。ジムに行ったり自転車に乗ったり、ランニングやウオーキングをしたりする人は多い。

4. 寒冷療法と温熱療法

リーダーシップ専門家・起業家のトニー・ロビンズが、朝目を覚ますため寒冷療法を実践しているという話は有名だ。また資産管理者のフクアン・ビラルは、思考と生産性を向上させるため朝鮮の温熱療法に絶大な信頼を置いていることを明かしている。

5. 瞑想(めいそう)

マインドフルネスや呼吸法、瞑想、朝に日記をつけることなどの習慣は、高い成績を収める人の間でよく見られるものだ。アリアナ・ハフィントンやオプラなどもこうした習慣を取り入れている。ペースが遅過ぎて自分のライフスタイルに合わないと感じる人もいるかもしれないが、集中力を保つ上で効果的な方法だと感じる人もいるだろう。

6. ヨガ

米ヒップホップ界大物プロデューサーのラッセル・シモンズ、グーグル共同創業者のセルゲイ・ブリン、アサナ(Asana)共同創業者のジャスティン・ローゼンスタイン、不動産起業家のカヤ・ウィッテンバーグらはヨガを実践していることで知られている。ペースが速いヨガが好きな場合は、パワーヨガなどを試してみよう。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい