Close RECOMMEND

シネマ未来鏡

2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

なにしろ、登場するメインの女優が3人ともアカデミー賞にノミネートされた作品なのだ。

ヨルゴス・ランティモス監督の「女王陛下のお気に入り」。18世紀初頭のイングランドの宮廷を舞台にしたこの作品では、アン女王役のオリヴィア・コールマン、その寵愛を得て国家をも動かすサラ役のレイチェル・ワイズ、そして召使いの身から女官にのぼりつめる野心家アビゲイル役のエマ・ストーン、それぞれが主演女優賞、助演女優賞、助演女優賞にノミネートされた。

ひとつの作品から3人の女優がアカデミー賞にノミネートされるということは、ざらにあることではない。それだけをとってみても、この映画の見どころが、3人の競演ぶりにあることは言うまでもない。

女王の寵愛をめぐるバトル

18世紀初頭、アン女王を戴くイングランドは、太陽王ルイ14世のフランスと戦っていた。アン女王の幼馴染で、女官長として宮廷を仕切るサラは、夫のモールバラ公爵が戦地で大勝利を収めたことで、さらに大きな権力と女王からの寵愛を得ようとしていた。

そんなサラの前に従妹と名乗るアビゲイルが現れる。彼女は没落した上流階級の娘で困窮を究めていたが、サラの差配で召使いとして宮廷で働くことになる。痛風に苦しむアン女王に自分が摘んできた薬草を塗ったことで、アビゲイルは女王の知遇を得ることとなり、サラも彼女を侍女に昇格させる。

時あたかも、議会は戦争推進派のホイッグ党と講和派のトーリー党に二分され、決断はアン女王に委ねられていた。いまや宮廷での絶大な権力を誇るサラは、夫が軍を率いていることもあり、推進派に肩入れ。彼女は、女王が病弱であることをよいことに、その権威を借りて戦争を継続することを議会に言い渡す。

舞踏会の夜、アビゲイルは、宴を抜け出してきたアン女王とサラが、幼馴染み以上の「深い仲」であることを知る。アビゲイルの心のなかに芽生えた野心は、次第に大きな領域を占めるものとなり、さらに女王に取り入ることで、サラとの対決は避けがたいものとなるのだった。

「奇想」の監督を払拭

「女王陛下のお気に入り」は、原題が「THE FAVOURITE」、まさに「贔屓」とか「お気に入り」の意味で、アン女王の寵愛を得ようとするサラとアビゲイルのバトルの物語だ。劇中では、この3人の関係が、ヨルゴス・ランティモス監督お得意のブラックコメディ調に描かれていく。やや悪趣味な部分もあるが、雅なるファッションと特殊レンズを多用した斬新な映像で、その味わいすら印象深いものになっている。

ランティモス監督は、1973年、ギリシャのアテネの生まれ。「籠の中の乙女」(2009年)でカンヌ映画祭の「ある視点部門」グランプリを受賞。「ロブスター」(2015年)でアカデミー賞の脚本賞にノミネートされ、世界的に知られるようになる。前作「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」(2017年)では、作品の舞台をアメリカに移し、カンヌ映画祭では脚本賞を受賞している。

文=稲垣伸寿

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい