Close RECOMMEND

I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

Dima Sidelnikov / shutterstock.com

機会が訪れるのを待っていてはいけない。キャリアアップのためには、自分で機会を作ることが必要だ。ここでは、毎日できる簡単な3つの習慣を紹介する。

1. ニュースを読む

新聞を取ったりインターネットでニュースを読んだり、ニュース番組を見たり、ラジオでニュースを聞いたりする。ニュースの入手方法は重要ではないが、それがフェイクニュースでないことを確認する。信頼できる情報源からニュースを仕入れ、世界の現状を把握しておくこと。

社会で何が起きているかを理解すれば、どのような機会があるかを理解できる。また、著者や引用された人、組織をについて知れば連絡を取ることもできるし、追いかけるべきトレンドについても情報を得られる。

ある企業が、人工知能(AI)ソリューションにますます注力していることを知ったとしよう。あなたにAI分野での経験があり、次の転職先を探している場合は、その会社での仕事を模索することができる。時流についていくことは、キャリアアップ戦略なのだ。

2. 会話を通じて情報を得る

役割や分野、企業、業界など、その人について学びたいと思える人に連絡を取ろう。知識を得れば得るほど、次の行動を決めるための参考とする情報が増える。

こうした会話を交わすことで、自分のスキルは実は他の役割にぴったりであることや、その分野について学ぶことへの関心に気づくかもしれない。自分の知識ベースを拡大し、視点を広げること。会話を通じて情報収集することを日常的に行い、キャリアの機会を拡大しよう。

3. 誰かにアイデアを提案する

機会が訪れるまで待つのではなく、自分で機会を作ること。ニュースを読んだり人との会話を通して学んだりする中で、自分にできることについて何かアイデアが浮かんでくるだろうか? そのアイデアを捉え、提案を作成しよう。

例えばある雑誌が、ミレニアル世代の消費者に対してより効果的にアプローチすることを目指していると知ったとしよう。あなたがミレニアル世代の専門家であれば、これはあなたの専門性を共有し、自分の役割を作り出す機会かもしれない。

会社の人はおそらく、あなたのような人材を探しているはずだ。他の人にその機会を奪われないよう声を上げて自分をアピールし、誰よりも先にその場にたどり着こう。

機会が来るのを待っていてはいけない。時流についていくことの価値を理解し、人との会話を通じて情報交換を行い、自身のアイデアを提案することが大切だ。こうした簡単な習慣を毎日のルーティンに組み込めば、自分で自分のための機会を作ることができるようになる。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい