起業家たちの「頭の中」

ペイミーCEO 後藤道輝

「資金の偏りによる機会損失のない世界を創造する」をミッションに、給与即日払いサービス「Payme」を提供している株式会社ペイミー。2017年11月の正式リリース以来、約半年で導入企業100社を突破し、FinTech界でも注目を集めている。

同社の代表取締役CEO後藤道輝氏が考える起業家としての素養や事業立ち上げのポイントについて、Venture Navi 編集長であり、同社の社外取締役も務めるドリームインキュベータ の下平将人が聞いた。(全5話)


最終的に差別化の源泉は「人間性」に行き着く

下平:最初にベンチャーナビお決まりの質問をお伺いしたいと思います。後藤さんが思う「起業家にとって重要な素養を3つ」挙げるとすると何でしょうか?

後藤:何よりもまずは「人間性」、特に他人を素直に尊敬し周囲からも尊敬される「尊敬力」が重要です。その上で、どんどんと行動して事業を創りあげていく「突撃力」、そして大きな市場を自ら定義してNo.1を目指す「優勝力」が起業家には求められると思います。



下平:後藤さんらしい、素敵な表現ですね。もう少し一般的な言い方をすると「尊敬力=人間性」、「突撃力=実行力」、「優勝力=ビジョン力」とも言えそうです。



後藤:おっしゃる通りですね。一般的なビジネスマンに必要とされる「コミュニケーション力」や「地頭」といった能力は、起業家界ではコモディティ化しているため差別化できません。起業家の素養として挙げた「突撃力=実行力」と「優勝力=ビジョン力」でさえも、併せ持つ人がたくさんいます。

そうなってくると、最終的に差別化の源泉となるのは倫理観や使命感といった「人間性」になると思うんです。私もまだまだ成長途上ですが、常に謙虚に学び、周囲から尊敬されるような懐の深い「人間性」を身につけていきたいと思っています。

下平:特に「人間性」が重要と感じられるようになったきっかけは何かあったのでしょうか?

後藤:まずは前職のDeNA投資チームでの学びが大きいです。

チームでは、「プロダクト」「KPI」「ヒト(経営者)」の3要素を重視して投資可否を判断していました。そしてそこで、沢山の優秀な起業家にお会いできた経験が、自分の糧になっています。

文=下平将人 提供元=Venture Navi powered by ドリームインキュベータ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい