Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

全豪オープンを制した大坂なおみ選手(Getty Images)

全豪オープンテニスを制し、大会後に日本勢初の世界ランク1位に浮上することが確定した大坂なおみ選手が試合中に着用していた、目にも鮮やかなオレンジ色のベルトの時計。観戦中、気になった人も多いのではないだろうか。

この時計は日本の老舗ブランド、シチズンの「エコ・ドライブ」の最新モデル「エコ・ドライブ Bluetooth W410」(税抜き75000円、限定1000本)。ビビッドなオレンジ色のベルトと、やや大きめのブラックなフェイス。ユニセックスで使えるモデルだ。ピンク色のリストバンドに重ねて着けており、サーブでトスを上げる左腕に映える。 



大坂選手はシチズンのブランドアンバサダーに就任している。シチズン時計によると、このカラーリングは大坂選手の躍動感あふれるダイナミックなプレーのイメージからインスパイアされたという。激しいプレー中のつけ心地を考慮し、軽くてさびにくい、ステンレスの5倍以上の硬さを持つスーパーチタニウムのケース、ウレタンバンド仕様になっている。



エコ・ドライブは定期的な電池交換が不要の「光発電」時計で、時計で初めてエコマーク商品に認定された。Bluetoothで自動時刻受信、電話着信・メール・SNSなどの通知、スマホ探索機能等も通知される。

実はこのモデルは第2弾で、全米オープンテニス2018でシングルス優勝の快挙を達成していた際に着用していた第1弾モデルはブラックのバンドにブラックのフェイスの「エコ・ドライブ Bluetooth BZ4006-01E」(税抜き80000円)。2018年9月に発売され、全米オープン優勝後に反響が大きく、一時は品薄になったという。



大坂選手はアンバサダーとしてのサイトでの動画インタビューで「最近とても調子がいいので、ラッキーアイテムと感じています」と話している。「シチズンの『Better Starts Now』のブランドステートメントは私に通じるものがあります」とも話し、今後の目標として「残りの大会で優勝することです。大会で勝ち続けて、より高いレベルを目指します」と語っていた。

シチズン時計は「大坂さんにラッキーアイテムと感じていただけて、とても光栄に思っております。これからも、最高のプレーを求めて戦う大阪なおみ選手を応援していきます」としている。

今回全豪オープンで着用しているモデルは1月26日現在、予約受付中。3月7日に発売予定だ。

VOL.13

猛者たちがしのぎを削った全英オープン常連の...

VOL.15

障がいと健常の垣根をなくす── パラ選手たちの...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい