I help people advocate for themselves and leverage opportunities.


3. 転職したい理由を詳しく説明し過ぎない

なぜ転職を考えているのか聞かれたら正直に答えよう。しかし、正直になることと全ての情報を与えることは違う。次の職場を探している理由がネガティブなものである場合、この質問に答えようとするとストレスを感じることもある。不快な職場から抜け出したいと思う人はあなただけではないので、あなたが転職を希望している理由は自分で思うほど悪いものではないかもしれない。どちらにしろ、答えは一般的で簡潔なものにとどめること。

最も重要なのは、異なる個性タイプと協働した経験や、少ないリソースでやりくりした経験から学んだことが何かを理解し、それを伝えることだ。完璧な状況は存在しない。自己認識と自己改善の意識を見せることで、雇用主候補の企業に対してあなたがその役割で成功できることを示せる。

4. 自分らしくなる

自分らしく振舞うよりも演技することで採用された場合、新たな雇用主はあなたが仕事でも面接時のように振舞うものだと期待する。自分とは違う人間のように振舞うことは疲れるし、仕事のパフォーマンスも損ねてしまいかねない。

最初から自分らしくなることが重要だ。面接は双方向のコミュニケーションだ。企業はあなたが適任かどうかを見極めたいと思っている。面接プロセスを活用し、その企業が自分に合っているかどうかも見極める。企業との相性を知るには自分らしくなるしかない。新たな役割で最も効果的に働けるよう、ありのままの自分で仕事に臨むようにしよう。

次の面接の機会では最大限の努力をすること。関連性を示して自分の価値を見せ、これまでに学んだことを説明し、面接プロセスの最終段階になるまで金の話は控え、自分らしくなることだ。

翻訳・編集=出田静

デル

PICK UP

あなたにおすすめ