閉じる

フォーブス ジャパン編集部 エディター

sitthiphong / Shutterstock.com

先日、米国で全プランの値上げを実施することを発表したネットフリックス。この意思決定には市場も好意的な反応を示しており、同社の株価は6%以上の値上がりを見せた。

そんなネットフリックスが1月17日、2018年第4四半期(10月-12月)の決算を発表した。その内容からは同社の好調ぶりが伺える。

2018年の総収益は160億ドルに



ネットフリックスが発表した「投資家向けレター」によれば、同社の2018年の総収益は前年比35%増の160億ドル、営業利益は倍増の16億ドルだった。

また、第4四半期で有料メンバー数は2018年末時点で1億3900万人(前期比約900万人増加、前年比2900万人増)になった。第4四半期における有料メンバー数の推移は過去最高の880万人増(前年同期比33%増)となっており、そのうち730万人は米国外から登録されているとのこと。引き続き、有料メンバーは堅調に推移していることがわかる。

一方で先日、発表した価格変更について、ネットフリックスは投資家向けレターでこうコメントしている。

「私たちは素晴らしいエンターテインメントに投資し続け、ネットフリックスの全体的な体験を向上させるため、価格を変更します。もちろん、私たちは、ネットフリックスにはその価格が見合うだけの価値があり、また手頃な価格であることを保証したいと思います」

米国での新たな価格設定は、新規契約はすでに開始されているが、既存会員に関しては2019年の第1四半期、第2四半期にわたって、段階的に導入されていく予定だという。

また、今回の決算発表に併せて、新たな最高財務責任者(CFO)としてスペンス・ニューマンが着任したことも発表された。

文=新国翔大

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい