Close RECOMMEND

声優のジョニー・ヨング・ボッシュ氏

アメリカのテネシー州にあるピジョン・フォージに行ってきました。ピジョン・フォージをはじめて耳にした方も多いと思います。それもそのはずで、アメリカ人にもあまり知られていない田舎の観光街です。

なぜそんな街を訪れたかというと、日本のアニメ・ゲームを中心としたイベント「Yamacon 山コン」に参加する、アメリカの有名声優に会いに行くため。



その声優がこちらの写真の、ジョニー・ヨング・ボッシュ(Johnny Yong Bosch)さん。アメリカのアニメだけでなく、日本のアニメやゲームの英語版の声を吹き込んでいる声優です。

代表作は『AKIRA』の金田正太郎、『BLEACH』の黒崎一護、『コードギアス』のルルーシュ、『妖怪ウォッチ』のケータ、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のオルガ・イツカなど。

どれも主役級の役柄ばかりで、2019年3月発売予定の『デビルメイクライ5』の主人公のひとりネロ役では声優にくわえ、モーションキャプチャーを使った演技も担当しています。ちなみに、声優をはじめる前はアメリカのヒーロー戦隊『パワーレンジャー』のブラック役でもありました。


ジョニーさんが演じたキャラクターの一部。

そんなジョニーさんに、日本のアニメやマンガの人気、アメリカでの声優という職業のポジションや、どうやって仕事をえるのかなど、アメリカの声優事情を聞きました。

アメリカ人は誰が声を演じているかに興味がない

──色々な国の作品に出演されているジョニーさんからみて、日本のアニメやマンガはどれくらい人気なのでしょうか? アメリカのアニメやマンガ、ほかの国のアニメやマンガなどと比較して教えていただけますか。

あくまで個人の主観になりますが、

・アメリカのカートゥーン(子ども向けアニメ、ディズニーやMarvelを含む)
・アメリカのコミック
・日本のアニメ
・日本のマンガ
・ほかの国のマンガやアニメ

という順番になると思います。

文=砂流恵介

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい