Close RECOMMEND

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

トヨタ 新型スープラ

もうティザー写真や偽装車のカラーリングを見ないで良くなったと思うと嬉しくなってしまうのは僕だけかな。

世界のエンスーが待ちに待ったクルマ、新型トヨタ・スープラが14日、デトロイト・モーター・ショーで盛大に発表された。Toyota GAZOO Racingが展開する「GR」シリーズ初のグローバルモデルとしてのお目見えとなった。

しかし、3色のモザイク偽装テープを脱いだスタイリングは賛否両論。発表会場で肉眼で見た国際メディアからは、「格好いい。旧型を上手い具合に解釈してる」という褒め言葉も飛べば、「エッジが効きすぎてて新しさを感じない」という辛口コメントもあった。

先月、僕はそんな新スープラの走りを確かめるために、某サーキットで試乗をしてみた。第一印象としては、デザインはともかく、パフォーマンスとハンドリングは期待していた以上だった。

だって、パワートレーンは超一流のものだ。パワーユニットはなんと340psを発揮するBMW製直6ターボで8速のA/Tが付いているので、加速性は抜群。ゼロから100km/hまでの加速は4.1秒とかなり早い。

サーキットでかなりプッシュしてみたけど、急な加速を要求しても、急な減速を求めても、スープラは全部答えてくれる。しかも、デトロイトで一般公開されたスペックは、500Nmのトルクを叩き出すということだ。



でも、ちょっと待った。皆この新スープラに興奮しているけど、忘れてならないのは、旧型のA80スープラが2002年に生産中止になっているということだ。面白いことに、17年前にトヨタがスープラを生産中止にしてから、同社の熱狂的なファンは次期モデルを手が喉から出るほど、待ちに待った。

その間、スープラが名前と伝説を保ってこられたのは、シリーズ累積で5兆円の興行成績を持つ大ヒット映画「ワイルド・スピード」とグランツーリスモでの登場のおかげと言ってもいいだろう。

そして、新型の具体的な話が出てきたのは2012年。トヨタとBMWが次世代スポーツカーの共同開発をすると発表したときだ。あれから7年も経っている。はっきり言って、待ちくたびれたと言ってもおかしくない。

不思議なことに、「スープラには10個のフェイク・ダクトがある」というアメリカの有力ウェブサイトがある。つまり、「な〜んちゃって」ダクトというか、「嘘の穴」がボディに開いているという。

でも、スープラの多田主査に聞いてみたところ、「フェイクではなくて、最初から企画していたダクトで、全て意味があります。全世界のモータースポーツのファンがレースなどに出る時に、スープラの性能を上げるために、そのダクトをそのまま穴を通せば、エンジンやブレーキの冷却性能が良くなります」と説明してくれた。

文=ピーター・ライオン

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい