閉じる

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

A Boogie Wit Da Hoodie(Photo by Earl Gibson III/Getty Images)

今週のビルボードの全米アルバムチャート1位に立ったのは、先週まで2位につけていたラッパー、A Boogie Wit Da Hoodieのセカンドアルバム「Hoodie SZN」だ。彼が2017年に発表した1枚目のアルバムの最高位は4位で、これが彼にとって初の全米ナンバーワンアルバムとなった。

しかし、ここで驚くべきはこのアルバムの物理的セールスが、わずか823枚であるという点だ。ビルボードは週あたりの「Hoodie SZN」の売上を、CDなどの物理的セールスとストリーミング等の合算値で5万8000ユニットと集計したが、ニールセンのデータによるとこのアルバムの実売数は823枚とされている。

世界最大の音楽マーケットで、首位に立ったアルバムの実売が1000枚に満たないというのは、驚愕的な事態だ。「Hoodie SZN」の実売数は、全米1位のアルバムとして、過去最低記録となった。

ビルボードが発表した5万8000ユニットという数値のうち、5万6000がストリーミングによるものだった。ヒップホップの新人アーティストの作品が、主にストリーミングで聴かれるのは珍しいことではない。しかし、全米首位に上り詰めた作品が、1000枚以下の実売しか生んでいないというのは、非常にショッキングな事態だ。

しかし、音楽業界ではここ数年間で、アルバムの売上は急激に落ち込んでいる。そんな中で、1週間で8300万回のストリーミング再生回数を記録したアルバム「Hoodie SZN」は、実売が1000枚以下で全米ナンバーワンを達成した。

ビルボードによると、ヒップホップファンの間では特にここ2〜3年で、ストリーミングが主要な音楽の消費プラットフォームになっている。先週まで全米1位だった21 Savageの「I Am > I Was」も、週あたりの実売数は3000枚だったが、ストリーミングを含むトータルでは6万5000ユニットの売上を記録していた。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい