閉じる

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

日本のスタートアップの調達総額は、この5年で4.7倍に増加した。大型投資が相次ぎ、政府が「2023年までにユニコーン20社」の旗をふるなか、次のメルカリが産声を上げている。Forbes JAPANが発表した「日本のスタートアップ大図鑑」より、注目の日本のエデュテック関連スタートアップ15社を紹介する。


米トップシェアの福利厚生
Fond

代表者:福山太郎 
創業年:2011年1月
累計調達額:13億円以上

AnyPerkから社名を変更。日本人チームで初めてY Combinatorのスタートアップ支援プログラムを修了し、現在は米国トップシェアの福利厚生サービスを展開。

本業以外はリモート外注
キャスター

代表者:中川祥太 
創業年:2014年9月
累計調達額:3億円以上

経理、人事、秘書などのオンラインアシスタントサービス「CasterBiz」などを提供。事務、デザイナー、エンジニアなど各種リモートワーカーと需要をマッチング。

リファラル採用特化のクラウド
リフカム

代表者:清水 巧 
創業年:2014年1月
累計調達額:約2.5億円

リファラル採用に特化した採用担当者向けのクラウドサービス「Refcome」を開発・提供。従業員のエンゲージメントを計測する「Refcome Engage」も展開。

AIが実現する超個別指導学習
atama plus

代表者:稲田大輔 
創業年:2017年4月
累計調達額:5億円以上

生徒一人ひとりの得意・苦手や目標、過去の学習内容などを分析し、それぞれに最適な学習カリキュラムを自動作成する学習システム「atama +」を開発・販売。

理系学生特化の採用サービス
POL

代表者:加茂倫明 
創業年:2016年9月
累計調達額:5000万円以上

理系学生に特化したダイレクトリクルーティングサービス「LabBase」を運営。理系学生向けのコミュニティサイトや奨学金の検索サービスも展開している。

非効率な人事評価を大幅に改善
HRBrain

代表者:堀 浩輝 
創業年:2016年3月
累計調達額:2億円以上

クラウド型目標・評価管理サービス「HRBrain」を提供。目標シートの記入から人事担当者による評価管理までをクラウドで一元化して評価業務を効率化する。

日本最大級のスポットコンサル
ビザスク

代表者:端羽英子 
創業年:2012年3月
累計調達額:3.3億円以上

企業や個人のビジネス相談や調査ニーズを登録アドバイザーが解決に導くスポットコンサルのマッチングサービスを展開。7万人以上がアドバイザー登録している。

文=フォーブス ジャパン編集部

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい