I write about the 1% who sit on top of the world.

ジェフ・ベゾスとマッケンジー夫妻

米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス(54)とマッケンジー(48)夫妻は9日、25年間の結婚生活に終止符を打つことを発表した。離婚理由は明らかにされていない。

夫妻はベゾスのツイッターページに投稿された連名コメントで、「私たちは離婚し、友人同士としてこれからの人生を分かち合うことを決めた」と表明。「もし25年後に別れることが分かっていたとしても、もう一度同じことをするだろう」と述べている。

推定1362億ドル(約14兆7000億円)の資産を保有するベゾスは世界一の富豪となっている。離婚がベゾスの資産額や保有アマゾン株に与える影響は定かではない。ベゾスはアマゾンの株式の約16%を保持しており、これは総資産額の95%以上に相当する。ベゾスはまた、ワシントン・ポスト紙や宇宙開発企業のブルー・オリジンも所有している。

夫妻が居住するワシントン州では、離婚する夫婦が結婚期間中の全収入を含む「共有財産」を均等に分割することが義務付けられている。シアトルの法律事務所マッキンリー・アービンのパートナー、デービッド・スタークスは、「ジェフ・ベゾスがアマゾンで得た報酬が共有収入となる確率は、100%ではないとしても非常に高いだろう」と語る。ただ、婚姻前または婚姻後の契約により「資産を異なる形で処理するよう決めることもでき、こうした取り決めは珍しくない」という。

さらにワシントン州在住の弁護士、バージニア・オヌによると「配偶者に対して共有資産を分け与える場合でも、実際にその資産を譲渡するとは限らない」という。つまり、ベゾスは保有するアマゾン株を売却あるいは譲渡する代わりに、株式の適正市場価格と同等の資産を渡すこともできる。

仮にマッケンジー・ベゾスが夫の財産の半分を受け取れば、保有資産額は680億ドル(約7兆3500億円)と、世界で5番目の富豪となる。あるいは分け前が1%のみだったとしても、史上最大級の離婚解決金となるだろう。

ベゾス夫妻はいずれもプリンストン大学出身だが、出会いは卒業後、投資会社D・Eショーで共に勤務したことがきっかけだった。1993年に結婚し、アマゾンを起業した翌94年にシアトルに転居。2人の間には4人の子どもがいる。

マッケンジー夫人自身も輝かしいキャリアを築いている。プリンストン大で創作文学を専攻し、文豪トニ・モリスンの研究助手も務めた後、第一作となる小説『The Testing of Luther Albright』(2005年)で米国図書賞を受賞。さらに、いじめ撲滅を目指す団体「Bystander Revolution」も立ち上げた。

編集=遠藤宗生 写真=Getty Images

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい