Close RECOMMEND

I cover the business of music and entertainment.

360b / Shutterstock.com

ドレイクやテイラー・スウィフトなどの有名アーティストの、ストリーミングでの人気の高まりを受けて、ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)の企業価値は333億ドル(3.6兆円)にまで急上昇したと、ドイツ銀行が発表した。

UMGはアリアナ・グランデやザ・ビートルズ、ガンズ・アンド・ローゼズ、ジェイ・Z、ピンク・フロイド、クイーンやU2などの有名アーティストの楽曲の権利を保有する。同社はフランスのメディア企業「ヴィヴェンディ(Vivendi)」の傘下にあるが、ヴィヴェンディの企業価値は283億ドルで、UMGの価値をわずかに下回っている。

ヴィヴェンディは昨年7月、UMGの株式の半分を売却する用意を進めていると述べた。ドイツ銀行のアナリストは、UMGは今後のストリーミング市場の成長で、さらに企業価値を高めていくと見込んでおり、同社の株式にはかなりの高値がつきそうだ。

UMGはソニーミュージックやワーナーミュージックと共に、スポティファイの株式を保有しており、テック業界大手も株の取得に関心を示している。

ドイツ銀行によると、買い手候補にはアリババやテンセント、アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグルらがあがっているという。しかし、これらの企業による買収は、独占禁止法の観点から当局の規制を受ける可能性もある。

そんな中、有力候補とされるのがF1のフォーミュラ・ワングループや衛星ラジオのシリウスを傘下に持つリバティ・メディア(Liberty Media)だ。仮にこの買収が成立すれば、リバティ・メディアがソニーやワーナーを上回る規模の、音楽エンタテインメント企業になる可能性もある。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい