Close RECOMMEND

I write about the intersection of millennials and money.

ATeam / Shutterstock.com

米国では現在、婚約シーズンを迎えている。ウエディング業界のオンラインマーケットサイトを運営するウエディングワイヤ(WeddingWire)によると、米国では婚約の約40%が感謝祭(サンクスギビング)からバレンタインデーの間に成立し、ピークはクリスマスだ。

婚約したカップルは、婚約期間を楽しむ暇もなくすぐに結婚式の計画について話し始める。プロポーズを承諾したら、今度はあらゆる人から「いつ結婚するの?」と聞かれ始めるのだ。

式場を見て回る前に、まずは自分が本当に心から結婚式を望んでいるのかどうかを考えること。多くのカップルは、小規模な結婚式や旅行、役所での結婚の方が幸せに感じるかもしれないし、その方が財布にも優しい選択肢かもしれない。ここでは、従来の結婚式をするべきではない人の4つの特徴を紹介する。

1. 結婚式ではなく他のことに金を使いたい

結婚式計画サイトのザ・ノット(The Knot)によると、米国での結婚式の平均費用は3万3000ドル(約370万円)以上だ。結婚式のためにこれだけの支出をすることで、家を持つことや子どもを作ることなど、他の目標が棚上げになってしまうだろうか?

婚約相手と話し、3万3000ドルを使って結婚式以外にできることを書き出そう。リストに書かれたものの中に結婚式よりも幸せになれると感じるものがあれば、伝統的な結婚式を挙げることを我慢する代わりに、より私的で価格もそれほど高くないものに出費しよう。

2. 従来型の結婚式にワクワクしない

伝統的な結婚式をしなければならないと感じるからという理由だけで、結婚式を決めないこと。自分の結婚式が楽しめず、むしろ家族や友人の方がはるかに楽しんでいるようなカップルは多い。こうした人たちは、自分が楽しめないことために多額の資金を費やしている。大きなパーティーや伝統に従うこと、注目の的になることが好きではない場合、あなたはこのタイプかもしれない。

婚約相手が式の費用を出す場合は、相手に発言権がある可能性が高いし、ご祝儀は大抵条件付きのものだ。しかし、結婚式の費用を捻出するのが自分である場合、自分が幸せな気持ちになれるものに金を使うべきではないだろうか? 自分に期待されている結婚式ではなく、自分が本当に望む結婚式を計画しよう。

3. 来客名簿が多過ぎてストレスを感じる

多くの友人や親戚を招待することに、喜びとストレスのどちらを感じるだろうか?披露宴での家族ドラマが避けられず、来客の席次を議論するのがつまらない仕事のように感じられたら、来客名簿を最小限にするのが精神的にも金銭的にも賢明かもしれない。

ザ・ノットによると、米国における来客1人当たりの結婚式の平均費用は268ドル(約3万円)だ。この金額はどんな状況でも大きいものだが、来客を増やすごとに結婚式への不安が大きくなる場合は特に高額に感じる。

4. そもそも金がない

パーソナルファイナンスサイト、ゴーバンキングレーツ(GOBankingRates)の2017年の調査によると、米国の若いミレニアル世代(18~24歳)で貯蓄が1万ドル(約110万円)以上の人は13%、それより上のミレニアル世代(25~34歳)の間では20%だ。そのためミレニアル世代のカップルの大部分においては、家族が結婚式の費用を肩代わりしているか、カップルが借金をしている。

あなたの夢の結婚式のため、婚約相手の家族が喜んで資金を出してくれるようであればそれでもよいが、結婚式のため借金を考えている場合はもう一度考え直そう。カップルが争う大きな要因の一つが金銭面であることを考えると特に熟考が必要だ。不要な金銭面のストレスを抱えて新生活をスタートする必要はない。

借金する具体的な金額を考えることで、金を借りる価値があるかどうかを決められるかもしれない。各月の借金返済が予算にどう影響するかを考え、どれくらいの利子が発生するかを計算しておくこと。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい