深センのリアルなキャリア事情

深センの「Makeblock」本社で働く日本人女性、Mamiさん

「新しいイノベーションも、世界的な企業も、全て人が創り上げている」

そう私に実感をさせてくれる、人才力の高い革新都市、深セン。中国語では、人材を人才と書く。材=材料ではなく、才=才能という意味もある。私はこの「人才」という表現が好きだ。その人才中心都市深センで、実際に世界を舞台に挑戦している人々と直接触れ合い、そのリアルをお伝えしていきたい。

深センで旅を切り上げ、就職活動

「深センに降り立った瞬間、ここが探していた、新しい挑戦をする場所だと直感しました」

仕事のために単身で深センに渡る日本人女性は少ない。そんな貴重な女性のひとりであるMamiさんは、そう活き活きと話してくれた。彼女が勤務しているのは、創業当初から精力的に世界展開をしているSTEAM教育ロボットメーカー、「Makeblock(メイクブロック)」。日本でもSTEAM教育の一環であるプログラミング教育が、2020年度より義務教育に導入される。

深センで誕生し、創業5年で世界140カ国以上に製品展開している成長企業だ。グローバルアクセレレターHAXが生んだ有名企業の一つで、4400万ドルの資金調達を行い、ソフトバンクとも組み、2016年に日本進出も果たしている。

“ボーングローバル”な企業として、現在、日本を含む5カ国に拠点を持ち、社員数は500名を超える。その創業CEOは33歳、従業員の平均年齢はおよそ28才歳だ。本社の海外業務チームのメンバーは、ほぼ全員が英語が堪能で、受付にいる私に「May I help you?」と、自然に声を掛けてきてくれる。

Mamiさんが深セン本社に仲間入りしたのは、2018年の秋。現在、アジアチームに所属しながら、日本のマーケティングや製品のローカライズを担当している。

米国留学後、欧米系スタートアップ支援・投資企業の東京支社で、マーケティングコミュニケーションや採用、スタートアップ企業の採用支援を担当していた彼女。挑戦をサポートする側として、自分自身もグローバルに挑戦を続けようと、思い切って仕事を辞め、アジアを旅する中で、深センに訪れた。

「ここに降り立った瞬間、凄いパワーを感じて。夢を持つ人が集まって、イノベーションが起きているって肌で感じました。そして私も、ここの人達と新しい挑戦をしたいと心から思ったんですよね」

その後の予定を全て変更して、急遽、深センで就職活動を開始。現地で何のコネクションもない中、偶然前職の繋がりで知ったメイクブロックに何度も直接アプローチし、日本人として初めて本社でのポジションを作ってもらった。

「いつまでも、子供のままで」

もの凄い勇気と行動力。彼女は何故、そこまでして、メイクブロックで働きたいと思ったのか?

「いままでスタートアップ支援や人の挑戦を支える仕事をしてきて、人の可能性を高める為のサポートに、やり甲斐を感じていました。そして、世界の教育を変える。STEAM教育で子供達の創造性やチームワークを高め、更に可能性を広げる。そのビジョンにとても共感し、一緒に実現していきたいと思ったからです」

「Stay Childlike - いつまでも、子供のままで」

まず、僕達がそうあり続けようと、王CEOは社員全員に伝えているそうだ。

「グローバルスタンダードが浸透している企業だと感じています」とMamiさんは言う。

正直、彼女の中国語は未だビジネスレベルではなく、英語を共通言語としてコミュニケーションをとっているが、皆快く受け入れてくれ、特に問題はないという。

文=藤井 薫

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい