Close RECOMMEND

Create the life you want through intentional relationship building.

fizkes / Shutterstock.com

成功や名声、富、称賛、見た目、才能などの面で、自分を他人と比較してしまうことはあるだろうか? 自分を人と比べたことがないという人がいれば是非会ってみたいほど、こうした人は幻の存在だ。私たちは今や世界のどこからでも他人の編集された生活を見ることができるため、息が詰まり意気消沈したように感じることもある。

私は、月間再生回数100万回を超え、2000件ものエピソードを抱えるデーリーポッドキャスト、「アントレプレナーズ・オン・ファイア(Entrepreneurs on Fire)」の司会者、ジョン・リー・ドゥマスを取材した。ドゥマスは司会者の立場から、インスピレーションあふれる起業家に対しインタビューを行うとともに、多くの聞き手から回答を受けている。ドゥマスはその両方を通し、自分を他者と比べる現象について最前線の見識を持っている。

ドゥマスは「私たちは全員が、不完全な1日の完全な一瞬を共有する世界に生きていて、その完全な一瞬があたかも完璧な生活を示すかのように考えている。しかし、現実は全く異なる。そのような人も私たちと同じように、静かな絶望の中に生きているのだ」と述べた。

人生が「絶望的」と感じられるかどうかは別として、人との比較のわなにはまってしまうことは痛ましく、結果として完璧を求めてしまうことも多い。そうなると、あなたの進歩が妨げられてしまう。

ドゥマスはこれを自身でも経験した。米作家・起業家のティモシー・フェリスがポッドキャストを始めたときだ。
「私はその当時、すでに2年間ポッドキャストを続けており、700件以上のエピソードを掲載していた。しかしティムの番組は、1日目から私の成績を大きく抜いた。ダウンロード数は私のものよりはるかに多く、ランキングも高くレビューも多かった。私はティムのたった1つのエピソードで、自分の2年間の努力が粉々になってしまったように感じた」(ドゥマス)

「しかしそれから私は、自分自身をティモシー・フェリスと比べていたことに気づいた。彼は10年以上にわたり起業家にインスピレーションを与えてきた人物だ。米紙ニューヨーク・タイムズのベストセラー本を数冊執筆していたし、あらゆるメディアで特集されていた。私たちは起業家として非常に異なる段階にいたのだ。私は当時、活動を始めてたった2年だった」

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい