Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Ginco 森川夢佑斗

メルカリ、ラクスルの上場。そして国内スタートアップの買収件数が過去最高を達成するなど、何かとニュースの多かったスタートアップ業界。

起業家たちは2018年をどのように捉え、2019年のトレンドをどのように予測しているのか。今回、Forbes JAPAN編集部は起業家に向けてアンケートを実施。2018年の事業の手応え、そして2019年の展望を伺った。

ブロックチェーン技術の可能性と限界が浮き彫りに

──2018年はどのような年だったでしょうか? 今年を振り返ってみて、事業の手応を教えてください。

ブロックチェーン技術の可能性と、現時点での限界がどちらも浮き彫りになった年だったと思います。

取引所へのハッキング事件の影響もあり、ウォレット事業の必要性を知ってもらうには良かったと思いますが、結果的に相場の下落が業界全体への向かい風となってしまいました。

──2019年、事業をどう成長させていきたいと考えていますか?

事業者向けのブロックチェーンソリューションを拡充していきたいと考えています。

暗号資産(Crypto Asset)のユースケースが広まっていくことは間違いがないですが、既存の事業者がそれをきちんと管理して、ユーザーにサービスを提供できるような、シナジーあるエコシステムの構築に貢献していきたいです。

構成=新國翔大 写真=Ginco提供

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい