Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

BLAST 石井リナ

メルカリ、ラクスルの上場。そして国内スタートアップの買収件数が過去最高を達成するなど、何かとニュースの多かったスタートアップ業界。

起業家たちは2018年をどのように捉え、2019年のトレンドをどのように予測しているのか。今回、Forbes JAPAN編集部は起業家に向けてアンケートを実施。2018年の事業の手応え、そして2019年の展望を伺った。

ブランド形成、コミュニティの強化、そしてマネタイズに注力

──2018年はどのような年だったでしょうか? 今年を振り返ってみて、事業の手応を教えてください。

メディアとしての信頼を得ながら、コミュニティを深めていくといった側面で難しさを感じながらも、読者の方から寄せられるメッセージからもBLASTが必要とされているということも強く感じられる一年でした。

──2019年、事業をどう成長させていきたいと考えていますか?

メディアを起点としたブランド形成、コミュニティの強化をしていきたいと思っています。またWebメディアでのマネタイズに関しては、業界全体を通して課題に感じます。

メディアだけではない方法で、いかにマネタイズしていくのか。ここに対して2019年は注力していきたいです。

人権問題に対する、社会のリアクションがどれだけ変化するか

──2019年、個人的に期待している領域などはありますか?

大きく、日本国内における人権問題に対して社会のリアクションがどう変化していくのか、ということに関心があります。

こと女性のエンパワーメントや、新しい価値観についてもまだまだ保守的な意見も見受けられます。今後、日本において、個人の生き方についてどこまで尊重されるのか、世の中が寛容になれるのかということに興味があります。


石井リナ◎新卒でオプトへ入社し、Web広告のコンサルタントを経て、SNSコンサルタントとして企業のマーケティング支援に従事。初のインスタグラムマーケティング書籍となる「できる100の新法則Instagramマーケティング」を共同執筆するなど、デジタルプロモーションを中心にライターや、セミナー講師としても活動を広げている。その後、リアルイベントにおけるSNSプロモーションを行うSnSnap(エスエヌスナップ)にて、自身が編集長を務めるオウンドメディア「COMPASS(コンパス)」を立ち上げ、運営を行った。現在は起業し、女性向けエンパワーメント動画メディア「BLAST」の立ち上げ、運営を行う。

構成=新國翔大 写真=BLAST提供

VOL.9

「D2C領域に期待、リアルなプロダクトで勝負を...

VOL.11

「新たな時代の到来。マネージド・マーケット...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい