Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

メタップス 佐藤航陽

メルカリ、ラクスルの上場。そして国内スタートアップの買収件数が過去最高を達成するなど、何かとニュースの多かったスタートアップ業界。

起業家たちは2018年をどのように捉え、2019年のトレンドをどのように予測しているのか。今回、Forbes JAPAN編集部は起業家に向けてアンケートを実施。2018年の事業の手応え、そして2019年の展望を伺った。

仮想通貨・ブロックチェーンの領域に滑り込めた

──2018年はどのような年だったでしょうか?今年を振り返ってみて、事業の手応を教えてください。

仮想通貨・ブロックチェーンの領域にギリギリ滑り込めた点は良かったと思います。

その一方で、コンシューマー向けのサービスをマスにまで普及させることはできなかったことが反省点です。

決済に関する商習慣は大きく変化、宇宙ビジネスも成果が見えてくる

──2019年、事業をどう成長させていきたいと考えていますか?

一般消費者が使うコンシューマー向けのサービスに大きく投資をしていきたい。

特にフィンテック・シェアリングエコノミーはキャッシュレス・働き方改革の推進で大きな追い風ではあるので、ここで一定のポジションを確立したいと思っています。

──2019年、個人的に期待している領域などはありますか?

自社の領域で言えば引き続き決済周辺を注視。キャッシュレス化の推進と大手各社の参入で、決済に関する商習慣は大きく変化すると予測しています。

また、その周辺領域にも大きなビジネスチャンスが転がっていると考えています。少し遠い領域で言えば、宇宙ベンチャーに資金が集まり始めているので、衛星データ活用や小型衛星の開発など、少しずつビジネス上の成果が見えてくる頃だと予想しています。


佐藤航陽◎1986年、福島県生まれ。メタップス代表取締役社長。早稲田大学在学中の2007年に起業。著書に『お金2.0  新しい経済のルールと生き方』(NewsPicks Book)

構成=新國翔大 写真=小田駿一

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい