Close RECOMMEND

音楽、メディア、エンターテインメントビジネスを担当。

ローレン・ジャウリギー(Photo by Roy Rochlin/Getty Images)

フィフス・ハーモニーの一員として活躍後、ソロシンガーに転向したローレン・ジャウリギーは現在22歳。自らが性的マイノリティであることを告白した彼女は、歌手活動のみならず、人権活動家としても注目を集めている。

今春、ワシントンDCで多くの若者が集った抗議デモ「March For Our Lives(私たちの命のための行進)」にも参加した彼女は、SNSの1200万人のフォロワーに向けて、様々な呼びかけを行っている。

ジャウリギーは今年のフォーブスの「30アンダー30」の音楽部門に選出された。選考委員は彼女を選出した理由を、次のように述べた。

「移民の問題からLGBTQの人々の権利まで、様々なテーマで発言を行う彼女の存在は、人々に勇気を与える。彼女が何のために戦い、何を信じようとしているのかを知ることは、多くの人に新たな知見を与えることになる」

ここではジャウリギーの人柄を知るために、同じく音楽部門の30アンダー30に選出されたグレース・ヴァンダーウォールらと同様に、一問一答方式でインタビューを行った。

Q:初めての仕事は?
フィフス・ハーモニーでの活動。

Q:18歳の自分へアドバイスを送るとしたら?
なにかを盲目的に信じたりしないこと。マインドフルでいることを心がけ、物事の表面的な価値に惑わされないこと。自分と価値観の異なる人を受け入れること。

Q:大学では教わらない、人生に役立つことは?
私は大学には行ってない。他の人たちが大学に通う時期に、私はエンターテインメント業界にいたけど、普通の女の子として生きていたら、自分自身をもっと深く知り、自分と同じ興味を持つたちと出会っていたと思う。それは素敵なことだったと思う。

Q:理想のメンターは?
ビヨンセ。彼女のような知性を持ちたい。

Q:ミレニアル世代に関する世間の最大の誤解は?
私たちは怠け者で、物事をやり遂げられないという考え方。インターネットのパワーを活用して、若くして驚くほどの成功を収めた人はたくさんいる。

Q:1週間の労働時間は?
80時間。

Q:30歳以下であることは音楽業界でアドバンテージだと思う?
そう思う。エンターテインメント業界で働いている場合は特にそうだ。若い、もしくは若く見えることで、年齢にとらわれずに仕事ができる。

Q:これなしじゃ生きられないアプリは?
レストラン検索アプリのYelp。

Q:この仕事でやっていこうと決めたのは?
高校生の頃。

Q:これまで達成した最大の仕事は?
音楽業界で経験を積んだことで、22歳という年齢で、自分自身の考えるアーティスト活動ができるようになったこと。一切の妥協を排除して、自分の理想を追いかけることができる。これはとてつもなくラッキーなことだと思う。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい