ドクター本荘の「垣根を超える力」

カナダのスタートアップVeloMetro Mobilityが開発する三輪車(VeloMetro Mobility)

「自動運転」や「MaaS(Mobility as a Service)」など、交通関係のバズワードが騒がれて久しいですが、視野が狭い、あるいは過去の延長線上での議論がまだ多いようです。日本国内だけでなく、産業として海外市場を狙うには、グローバルな視野は不可欠です。また、既存の交通の延長にとどまらない、新しい発想と未来志向が大切です。

そこでキーワードとなるものに、「ラストワンマイル」があります。ラストワンマイルとは、サービスが顧客に到達する最後の区間という意味ですが、いまこれが世界的に、交通問題でも注目されています。

日本でも物流においては意識はされていましたが、人の移動についてはまだ限られています。つまり、既存の「交通」側の視点が主で、人々の生活を変えるにはまだまだ、何より実践が足りず、世界に置いていかれそうな状況です。

クルマに限らず、2輪も3輪も

さて、米国ではライドシェアのウーバーとリフトが、鉄道やバスなど公共交通や既存の交通サービスとの連携を次々と発表し、ラストワンマイルに注力しています。

注目すべきは、リフトがシェア自転車トップのMotivateを、ウーバーが乗り捨て型の電動自転車シェアのJUMPを買収し、クルマ(4輪乗用車)にこだわらない戦略もとっていること。実際に、ウーバーのアプリに自転車メニューができてからは、1割ほどクルマのサービス利用が減ったとも言われています。


リフトが買収したMotivateはNYに本社をもち、米国の9地域で展開している (c)Motivate/Jake-Stangel

欧州はMaaSの本拠地とも言われ、マルチモーダル(様々な交通をつないで提供する)への取り組みが進んでいます。例えば、2016年にヘルシンキで設立されたMaaS GlobalのサービスWhimは、月額499ユーロで、タクシーも含めて乗り放題といった定額プランを提供しています。ノルウエーのオスロでも、同様のサービスが計画されています。

パリは2030年を目標に新しい交通を考えています。パリ東駅に、パリ市と仏国鉄、エアバスらが「モビリティーラボ」をつくり、様々な交通とつながる駅の機能について研究。エアバスは、昨年お披露目した空飛ぶクルマ「Pop.Up」が鉄道などと連携するビジョンを示しています。

また、カナダのスタートアップVeloMetro Mobilityは、運転免許なしで駅と目的地の間のラストワンマイルをつなぐ、シェア用の動力補助付きペダル式三輪車(屋根付き)を開発しています。

このように世界各国で、新たな交通と組み合わせでラストワンマイル問題を解決しようと様々な動きがあります。

文=本荘修二

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい