Close RECOMMEND

シネマ未来鏡

(C)2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

テイラー・シェリダンという脚本家がいる。日本で公開されている彼の最新作は「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」だが、そのタイトルが示す通り、2016年に公開され、映画ファンのあいだで話題を集めた「ボーダーライン」の続編だ。

この「ボーダーライン」、日本ではめずらしくしっくりする邦題がつけられたが、原題は「Sicario」。スペイン語で「殺し屋」という意味だ。

「ボーダーライン」のストーリーは次のようなものだ。物語の中心にいるのは(あえて「主人公」とは呼ばない)FBIの女性捜査官であるケイト・メイサー(エミリー・ブラント)。彼女は誘拐事件に対応するチームに属しており、これまで5回もの急襲作戦を成功させてきた。

ケイトは、その実績が買われたのか、国防総省のマット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)が率いる、組織を超えた特別捜査チームにスカウトされ、メキシコの麻薬カルテルの撲滅作戦に加わることになる。ケイトがマットに指示された空軍基地に行くと、そこで、謎めいた男、アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)と対面。国防総省のコンサルタントだと紹介される。

この後、物語の舞台は、アメリカから、メキシコ側の国境の都市フアレスに飛び、特別捜査チームの作戦が実行されていくのだが、ストーリーの流れは一筋縄ではいかない。

アメリカという国家の思惑、麻薬カルテルに買収されている警察官、そして謎の男アレハンドロの本当の目的……これらが複雑に絡み合い、物語を重層化させていく。このあたりが、脚本家シェリダンの並々ならぬ力量といってよいかもしれない。

鮮やかな「主役」交代劇


(C)2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この作品の原題は、既に書いた通り「Sicario(殺し屋)」だ。実は、この原題を頭に入れて作品を観ていくと、物語の後半からの展開はすんなり頭に入る。つまり、これまで主人公だと思われていたFBIの女性捜査官であるケイトが、実は、組織の思惑から特別捜査チームに招じ入れられたダミーのような存在であり、この物語の真の主人公が、しだいに姿を現してくるのである。この鮮やかな「主役」の交代にも、シェリダンの筆が冴えわたっている。

「ボーダーライン」の監督は、「メッセージ」(2016年)や「ブレードランナー 2049」(2017年)などの話題作でメガホンをとったドゥニ・ヴィルヌーブで、1作目公開時は彼の名前ばかりがクローズアップされたが、実は、陰に隠れた実力者は、脚本家シェリダンだったのだ。

文=稲垣伸寿

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい