I write about technology's biggest companies

「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」(Photo by Tomohiro Ohsumi/Getty Images)

筆者の意見ではグーグルの「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」は2018年を代表するスマ―トフォンだといえる。しかし、来年の早い段階でこの2端末の後継機種がリリースされるとの噂が浮上した。

確度の高いリーク情報で知られるSteve Hemmerstoffer(@OnLeaks)によると、グーグルはPixel 3シリーズの中価格帯モデルの発売に向けて動いているという。

ニュースサイト91Mobilesの記事で、Hemmerstoffeは詳細をレポートした。新端末の2機種は「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3 Lite XL」と呼ばれるが、外見は既存のPixel 3シリーズとほぼ同一だという。また、リアカメラも現行モデルと同クラスの12メガピクセルのものになるが、価格は大きく引き下げられる。

それでは、グーグルはどのような点で製品のコストを下げているのだろう。HemmerstofferによるとLiteと現行モデルの最大の違いは、フロントカメラが8メガピクセルのシングルカメラになる点だという。Pixel 3 やPixel 3 XLの場合は、標準と広角の2カメラ仕様になっていたが、Liteは標準レンズのみになる。

また、Pixel 3 Liteのディスプレイサイズや解像度はPixel 3と同じ、5.5インチの1080ピクセルだという。一方で、Pixel 3 Lite XLは6インチの1080ピクセルになり、3 XL(6.3インチの1440ピクセル)よりも小型になる。また、Liteシリーズは筐体の厚みがわずかに増し、8.2ミリになる(現行モデルは7.9ミリ)。

さらに、3 Liteのストレージ容量は32ギガ版と64ギガ版が用意されるという。現行モデルの64ギガ版と128ギガ版に比べると容量は少なくなるが、RAMの容量は同じ4ギガ仕様になると予測されている。チップセットに関して、HemmerstofferはミッドレンジのSnapdragon 670になる確立が高いと述べている。しかし、上位版の710モデルが採用される可能性もあるようだ。

バッテリー容量に関してHemmerstofferは、3 Liteが2915mAhになると述べており、これはPixel 3と同じ容量だ。中価格帯のチップを搭載しつつ、同じバッテリーサイズと持つことから、3 Liteは電池の持ちが向上することが予想される。

最後に、最も気になる価格について、3 Liteの販売価格は560ドル程度からのレンジになるという。これは、Pixel 3が800ドルだったのに比べると大幅な価格の引き下げになり、多くのアンドロイドユーザーを喜ばせることは確実だ。

アップルが最新端末の売上不振に直面する一方で、来年は多くの消費者がグーグルのPixelシリーズに乗り換えることも考えられる。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい