I write about technology's biggest companies

Framesira / Shutterstock.com

サムスンが2019年に発売するGalaxy S10は、米国で5G通信に対応することが既に明らかになっている。サムスンは来年の新端末に、さらに先端的なイノベーションを搭載することが明らかになった。

サムスンはクアルコムとの共同声明で、Galaxy S10が世界で初めて「超音波方式」のディスプレイ内蔵型指紋センサーを搭載する量産型端末となることを発表した。これは、Galaxy S10が競合と戦ううえで強力なメリットになる。

中国のOppoやファーウェイらも既に、ディスプレイ内蔵型指紋センサー搭載のデバイスを市場に投入している。しかし、これらの端末は「光学式」のものであり、ユーザーの指に光を投射して指紋データを取得している。光学式の場合は、指の写真で認証を突破されてしまう可能性がある。

光学式とは違い、超音波方式の指紋センサーは写真で認証を突破することは不可能だ。超音波方式のセンサーは、人間には聞き取れない音波を発射し、指の3Dデータを取得し、認証を行う。このテクノロジーにより、既存の生体認証では達成できなかった、高いセキュリティが確立できる。

ただし、Galaxy S10に関しては良いニュースばかりではない。サムスンによると、超音波方式の指紋センサーを搭載するのは、Galaxy S10のハイエンドモデルに限定されるという。廉価版のGalaxy S10は全て、光学式の指紋センサーを搭載することになる。

また、Galaxy S10の全モデルは、筆者が以前指摘したように「Infinity-Oディスプレイ」仕様となるため、顔認証システムを廃止することになる。

さらに、Galaxy S10ではヘッドフォンジャックも廃止される可能性が高い。

しかし、これらのデメリットを考慮しても、Galaxy S10がここ数年のサムスンの端末で、最もエキサイティングなデバイスになることは確実だ。最上位機種とされる「Beyond X」は、最大4つのリアカメラを装備し、ディスプレイのサイズは6.7インチになる。

これだけの先端的テクノロジーを実現できれば、おそらくヘッドフォンジャックの廃止も問題にはならないはずだ。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい