閉じる

起業家たちの「頭の中」

アカツキ代表取締役CEO 塩田元規

2010年の創業以来、モバイル/スマートフォン向けゲームでヒット作を数多く手がけ、成長を遂げてきた株式会社アカツキ。2016年3月に東証マザーズ上場、2017年9月には東証一部への市場変更も果たした。同社を牽引する代表取締役CEO 塩田元規氏に、起業家の素養や組織づくりのポイントなどについてドリームインキュベータの堀田が聞いた。(全6話)

起業家が陥りがちな「闇落ち」の罠

──ベンチャーナビの読者である、若手起業家や起業を目指している方にメッセージをお願いいたします。

私がよく言っているのは「起業家には陥りがちな罠がある」ということ。私はその罠を「闇落ち」と表現しています。(笑)

最初は楽しそうにやっていたのに、だんだん眉間にシワが寄り、言うこともちぐはぐになる。この変化は、自分で気づくことができないんです。この罠を避ける方法は、周囲に、絶対に自分を愛してくれる安心できる人、「絶対的な応援団」をつくることです。起業家が罠にはまりそうな時に「おかしい」と率直に言ってもらう仲間を持つことです。



起業家自身が「ハッピーになること」も仕事の1つだと思います。

何か事を成し遂げるために、自分が犠牲になるタイプの起業家はもう古いと思います。起業家は、doing(事業)はもちろんそうですが、being(人としてのあり方)でも世の中に影響を与えることができますから。それに、起業家が楽しそうにやってくれないと、みんな起業家になんてなりたがらないですよね。

人はいつ死ぬかわからないのだから、死んだときに後悔がないように、起業家こそ常にハッピーであり続けることを忘れないようにしてほしいです。



完璧なリーダーにならなくていい

僕が起業家の皆さんに伝えたいメッセージは、『Don’t be a perfect leader, be a happy leader. 完璧なリーダーになろうとするな。ハッピーなリーダーになれ』です。

私自身、起業してからこれまでの道のりは素晴らしい旅で、たくさんのことを得たし、たくさんの素晴らしいことを体験しました。一方で、たくさんのトラップもありました。トラップにも落ちたこともありました。

「何があっても諦めちゃだめだから、成し遂げなきゃいけないから、何があっても無理して頑張ろう。そのために完璧なリーダーでなければいけない」起業家というのはそう考えがちですし、人に弱みを見せられないこともたくさんあると思います。

でも、これからの時代は、人に「助けて」と言えるリーダーのほうが強いと思います。リーダーがかっこつけず、自然体でいるからこそ、組織のメンバーも「自分もかっこつけなくていい」、「幸せになっていい」と思うことができます。自分が苦しい時に「苦しい」と言葉にできて、周りに助けてと言える。完璧なリーダーではなく、「自分らしいリーダー」として人生を楽しめたら、死ぬ時にも後悔しないと思います。

自分らしいスタイルで、起業家である皆さん自身も、組織のメンバーや関わる人たちも、自分自身を許しながら最高の旅を楽しんでほしいです。

連載 : 起業家たちの「頭の中」
過去記事はこちら>>

文=堀田慶介 提供元=Venture Navi powered by ドリームインキュベータ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい