閉じる

PICK UP

起業家たちの「頭の中」

アカツキ代表取締役CEO 塩田元規

2010年の創業以来、モバイル/スマートフォン向けゲームでヒット作を数多く手がけ、成長を遂げてきたアカツキ。2016年3月に東証マザーズ上場、2017年9月には東証一部への市場変更も果たした。同社を牽引する代表取締役CEO 塩田元規氏に、起業家の素養や組織づくりのポイントなどについてドリームインキュベータの堀田が聞いた。(全6話)

「トレンド」を見極め、「スピード」で乗る

──創業からわずか4カ月で、ゲーム「育てて☆マイガール」をリリースし、ヒットを記録されました。ゼロイチで事業を成功させるポイントはどのようなことでしょうか?

まずは「世の中の波を見極めること(トレンド)」と「いち早く波に乗ること(スピード)」が重要です。

最初のゲームがヒットしたかというと、それほど大ヒットしたわけではありません。ただ、ゲーム産業という昔からある巨大市場の中で、モバイルゲームがどんどん伸びていくトレンドにいち早く乗ることができた。この目利きとスピードの部分が良かったのだと思います。

あとは企画の筋が良いことも、もちろん重要です。私も創業時、過去のありとあらゆるゲーム作品を分析して、その中の成功ロジックが何なのかを抽出していきました。過去の成功事例を振り返れば、かならず成功ロジックは存在しているはずです。



自分の感情を直感的に突き動かすもの

──ヒットの裏には、しっかりとしたロジックがあったのですね。

でも、一番重要なのは「本当にそれが今やりたいのか?」という直感的な感情です。

「流行ってるからやる」という感情では、苦しい局面を乗り越える原動力になりません。もし、「3年で会社をイグジットする」という短期的な考えであれば、3年くらいは耐えられるから良いのかもしれません。しかし、起業によって素晴らしい人生を歩んでいくという考えであれば、その選択は本質的ではありません。

お金を得たいがために我慢する3年は、ただのモラトリアムのように思います。もし2年目で死んでしまったら、きっと後悔するでしょう。本質的には、「いま死んでもいい」という状態を常に作り続けることが重要です。そのためには、自分の感情を直感的に突き動かす何かが事業に対して無いとだめかと思います。

私の場合、自分がつくったゲームのことが、ロジック抜きに大好きでした。モバイルゲームは流行りではありましたが、ゲームの本質的な価値とは何なのかを常に問うていたし、創業2年目頃にイベント登壇した際にも「ゲームが人類を幸せにする」というテーマで話していました。ゲームが好きで意味があると心から信じてきました。この感情が無いとなかなか事業をゼロイチで立ち上げるのは辛いと思います。

文=堀田慶介 提供元=Venture Navi powered by ドリームインキュベータ

あなたにおすすめ

合わせて読みたい