Close RECOMMEND

世界のテレビ、日本のテレビ

サメと呼ばれる投資家たち。「SHARK TANK」第10シーズンより(Getty Images)

現在アメリカでは、「SHARK TANK」の第10シーズンが放送され、大好評を博している。この番組を観たことがある人は、日本の「¥マネーの虎」に似ている……と思ったかもしれない。それもそのはず。「SHARK TANK」は、アメリカ版「¥マネーの虎」だからだ。

「¥マネーの虎」とは、“虎”と呼ばれる5人の社長が、ビジネスプランを持った挑戦者に、身銭を切って投資する現金投資バラエティー。2001年10月に深夜番組としてスタートし、半年後にはゴールデンタイム(金曜20時)に進出。数多くのメディアでパロディー化され、大ブームを巻き起こした。

アメリカ版は全米で放送されており、4大ネットワークのひとつであるABCの看板番組として、ゴールデンタイムの人気トップ10にランキングしている。

トランプ出演の人気番組Pからオファー

2009年1月、僕はアメリカ版「¥マネーの虎」を演出・監修指導するために渡米した。ちょうどオバマ大統領が就任直前で、LAが大変盛り上がっていたのをよく覚えている。

アメリカ版「¥マネーの虎」のエグゼクティブ・プロデューサーは、マーク・バーネット氏。かつてドナルド・トランプ氏がホストを務めて話題となった番組「The Apprentice」をヒットさせたプロデューサーだ。「You are Fired!(お前はクビだ!)」というのが決め台詞のこの“ビジネス番組”は、「¥マネーの虎」にインスパイアされて制作したという。


ドナルド・トランプ(左)と「The Apprentice」プロデューサーのマーク・バーネット(2003年撮影、Getty Imaegs)

マーク氏から「アメリカ版『¥マネーの虎』を製作したい」というオファーをもらった僕は、「彼であれば、番組の世界観を再現して、成功するはず」と確信し、許可を出した。そして、パイロット番組を一緒に制作することになった。

放送されない番組に3000万円!

パイロット番組とは、いわゆる試作品のこと。基本的には、放送しない番組だ。

「どんな番組になるの?」と不安に思うスポンサーに対して、「こんな番組になります」と説明するためのサンプルで、本放送の第1回の前に、特別に制作される。つまり、放送されない「第0回」ということだ。

日本でも、20年以上前まではパイロット番組を制作していた。当時のゴールデンタイムの制作費は、1本約3000万円。驚くかもしれないが、パイロット番組は、それと同じだけの予算をかけて制作された。しかも、本番さながらにMCやタレントを呼んで収録し、編集&MA(ナレーション、BGM)をして完成版を作る。そして後日、スポンサーのために試写会を開くのだ。

目的はスポンサーに見せるためだが、実はそれ以外にもメリットが多い。まず、実際に完成版を作ってみると、企画書では見えなかった欠点を見つけることができる。設計図上ではわからなかった“盲点”が浮き彫りになるからだ。どんなに頭の中でシミュレーションしていても、こういうことは、必ず起こる。

文=栗原 甚

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい