閉じる

誰も知らないシリコンバレーの裏事情

Nadezda Murmakova / Shutterstock.com

シリコンバレー在住の戦略コンサルタントの2人に本音で語ってもらう連載企画第8弾。今回からは、現地の最新ネタが豊富に詰まっているというポッドキャストを深読みならぬ、深「聞き」してもらう。

今回聞いてもらったのは、ワシントン・ポスト、ウォールストリート・ジャーナルなどで執筆し、2018年からはニューヨーク・タイムズのコラム二ストとなった著名テックジャーナリスト、カーラ・スウィッシャーと、自身のツイッター投稿が原因となって会長を辞任したテスラCEOイーロン・マスクとのトークバトル!

そこから見えたのは、渡辺、奥本も所有しているという自動車会社の、狂気で愛すべき内部事情だった──。


渡辺:今日はシリコンバレーで最も有名なジャーナリスト、カーラ・スゥイッシャーのポッドキャストでイーロン・マスクがゲストでインタビューされた回の話ね。

奥本:最高に面白かった! イーロンとカーラのトークバトルという感じだったわ。

渡辺:色々ネタはあったけど、イーロン・マスクのTeslaの発音が「テズラ」なのは驚き。

奥本:カーラ・スゥイッシャーに確認されても「テズラ」と言い切ってた。

渡辺:本当に我が道を行く人だ。

奥本:良い意味でも、悪い意味でも超マイペース。

渡辺:今年の9月でテスラの経営の最大の危機は回避できたみたい。

奥本:モデル3の生産台数増の話だよね。「今年は人生で最悪の年」と言っていたけれど、あのイーロンが言うからにはよほど大変だったに違いない。

渡辺:9月に終わった第3四半期で黒字化しないと倒産すると言われていた。黒字化はモデル3にかかっていて、まず製造が追いつかずに今年の頭からずっと苦労していて、最初の危機は「6月中に週産5000台を超せるか」だったんだけど、これは6月の最終週に達成。そして第3四半期は単期黒転しないと資金ショートで倒産すると。

それで、納車に時間がかかる東海岸の注文を後回しにして、シリコンバレーの工場の駐車場で週末に即売会やっていたくらいクレイジーだった。

奥本:実は私もモデル3をオーダーしていたんだけど、急にテスラから電話がかかってきて「納車できます」と言われたのが、なんと9月の最終週。そして納車されたのが9月29日の土曜日。なんと、上級エンジニアが自ら運転して来てくれた。その彼は、「もう次行かなきゃ」と気もそぞろで、納車マニュアルを読みながらテスラの運転の仕方を解説した後に、そそくさと小切手を受け取って5分ぐらいで去っていったわ。

テスラの事情をニュースで読んで知っていたから、握手して、「とにかく頑張ってください。応援してます!」と言って、夫と一緒に手を振って送り出した。

渡辺:我が家が去年テスラを買ったとき、納車システムが混乱していたらしく「どこに車があるかわからない」となって、最終的には、夜10時ぐらいに南カリフォルニアから来た巨大なトレーラーが近くの住宅地に強引に入ってきて、トレーラーの運転手から直接車を受け取った。真っ暗闇の中、懐中電灯で。ものすごいオペレーションだよね、あの会社。

奥本:イーロンがポッドキャストの中で「9月は、社員全員が毎週100時間以上働いていた。本当に大変だった」と言ってたね。

渡辺:6月の末に工場見学に行ったんだけど、モデルSとモデルXの製造ラインは8割ぐらい止まっていて、モデル3は今までの製造ラインとは別に巨大なテントを立ててその中で作っていて、見せてくれなかった。巨額の資金を投下した最新鋭の製造ロボットがうまく使えなかったのがモデル3の製造台数が増やせなかった理由なんだけど、結果的にモデル3は相当手作業で作っているみたいね。

インターネットで見たコメントでは「テスラでインターンをしている博士課程の学生だけど、突然工場に駆り出されてボルトを締めて1日が終わった。横でイーロンもボルトを締めていた」なんていうのもあった。そして私が工場見学に行った日は偶然イーロンの誕生日だったんだけど、この日も彼は工場に泊まり込んでいたらしい。見なかったけど。

奥本:インタビューの中で、イーロンが何度も繰り返して「車の会社をオペレーションしていくのはどれだけ大変か」ということを話していた。

アメリカの自動車会社の中で倒産していないのはフォードとテスラだけ、次のリセッションではフォードさえどうなるかどうかわからないと言っていたのが印象的だった。やはり、数多くのサプライチェーンをマネージしながら車を生産していくのは本当に大変なことなんだね。

渡辺:ホンダの人は、「テスラの工場なんてそれほど最新鋭ではない。ライン非稼働は製造業の最大の悪で、絶対起こしてはいけない事態」と言っていたけどね。

奥本:確かに日本の工場でラインが稼働していないというのは、ちょっと聞いたことがない。

渡辺:世界最高峰ですから。

文=岩坪文子

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい