閉じる

PICK UP

I cover fintech, crypto and the sharing economy for Forbes Europe.

宅配サービスをしてくれる自動走行ロボット(photo courtesy of Starship Technologies)

英国ロンドンのミルトン・キーンズ地区で、将来的にはアマゾンを脅かす可能性のある、デリバリーサービスが始動した。

これはデリバリーロボットのメーカー「Starship Technologies」の宅配ロボットを活用した配送サービスで、月額約10ドルで多様な商品がロボットで受け取れるようになる。

「この試みは世界初の自動走行ロボットを活用した宅配サービスになる。荷物が行方不明になる心配もない」と、StarshipのCEOのLex Bayerは述べた。ミルトン・キーンズ地区の住民らは10月31日から、Starshipの配送拠点を荷物の届け先に指定できるようになった。配送拠点に届いた荷物は宅配ロボットに積み替えられ、利用者がアプリで配達を依頼すると、午前7時から午後11時の間であれば、依頼から1時間以内にロボットが荷物を配達する。



Starshipの宅配ロボットは小型犬ほどのサイズで、これまでピザのデリバリーや企業の敷地内でのコーヒーの出前など、様々な場面で活用されてきた。しかし、家庭への宅配に使用されるのは、これが初めてだ。同社の宅配ロボットはこれまで累計2万件の配達を行い、累計走行距離は20万キロに及んでいる。

同社はミルトン・キーンズ地区に20台の宅配ロボットを導入し、5000世帯でサービスを利用可能にするという。その後、利用エリアをさらに拡大する計画だ。

「荷物の宅配分野では100年前からイノベーションが起きていない。玄関先に不在通知が置かれる状況は続き、米国では年間1000万個以上もの荷物が盗まれている」とBayerは話す。Starshipは今後、宅配の荷物に限らず生鮮食料品や料理の出前まで、あらゆる品をロボットで宅配することを目標としている。



「ミルトン・キーンズ地区と同様なプロジェクトを、年内にサンフランシスコのベイエリアで始動させる」とBayerは話した。

アマゾンはプライム会員向けサービスで、迅速に荷物が届くことを売りとしている。一方で、Starshipが打ち出すのはオンデマンドで荷物が受け取れる便利さと、安心感だ。

配達可能な荷物のサイズに制限はあるのかと尋ねたところ、Starshipの広報担当は「ロボットで配達可能かどうかに関わらず、当社はあらゆるサイズの荷物を取り扱う」と回答した。

サンフランシスコでのサービス立ち上げのスケジュールや、価格は今後発表する予定だという。

編集=上田裕資

あなたにおすすめ

合わせて読みたい