閉じる

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

毎週火曜日、Forbes JAPAN常連起業家に、仕事とプライベートのことを聞いたアンケートの回答を公開している。

第5回目のテーマは「どうしても苦手なこと」。


工藤慎一|ecbo代表

「実務が苦手。手を動かすより、意志決定をするのが好きだからです。ひとつのことをやり出したら、それに全神経を集中させるため、マルチタスクもあまり得意ではありません」

工藤慎一◎1990年生まれ。2017年、「ecbo cloak」の運営を開始。ベンチャー企業の登竜門「IVS Launch Pad 2017 Fall」優勝。「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN 2018」選出。


我妻陽一|助太刀代表

「人の名前を覚えることが、なぜか本当に苦手です」

我妻陽一◎1978年生まれ。Forbes JAPAN「RISING STARアワード2018年」第2位。(※「東京ロケット」当時)


野口卓也|バルクオム代表

「節約。プライベートでホテルに滞在することが好きです。趣味にかかるお金は、節約できない」

野口 卓也◎1989年生まれ。2017年、組織再編を経て「バルクオム」を設立、代表取締役CEOに就任。「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN 2018」選出。


山田メユミ|アットコスメ共同創業者

「事務的な作業と丸暗記が苦手です」

山田メユミ◎1972年生まれ。1999年、「アイスタイル」を共同創業。「セイノーホールディングス」、「かんぽ生命保険」社外取締役。経済産業省等の消費及びインターネット関連委員なども歴任。


加藤將倫|Progate代表

「大勢の人の前で話すこと」

加藤將倫◎1993年生まれ。2014年、「Progate」を創業。「Forbes 30 Under 30 ASIA 2018」、「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN 2018」選出。


大山敏浩|Popshoot代表

「何かひとつのことに集中すること」

大山敏浩◎1991年生まれ。同志社大学在学中に3人で「Popshoot」を共同創業。「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN 2018」選出。

文=フォーブス ジャパン編集部

あなたにおすすめ

合わせて読みたい