閉じる

PICK UP

I write about law, the environment and the arts.

「Spyce」の共同創業者ら(photo courtesy of Spyce)

フォーブスは先日、毎年恒例の「30アンダー30」リストを公開。20の業界で活躍する、30歳未満のイノベーターや起業家ら600名を選出した。ここではその中から、資金調達額の点で際立った存在感を誇る企業と、その創業者たちを紹介してみたい。

レストラン業界に革命を起こすスタートアップとして注目なのが、米ボストン本拠の「Spyce」だ。Spyce は7台の自動調理ロボットが健康的な食事を用意する、ファスト・カジュアル・レストランで、MIT(マサチューセッツ工科大学)の卒業生のMichael Faridらが立ち上げた。

ロボット技術に強みを持つ彼らは、ミシュランで星を獲得したシェフのDaniel Bouludと共同で、厨房が完全に自動化されたレストランを設立。チキンボールやベジーボールなどを1食7.5ドルで提供している。Spyceは累計で2480万ドル(約28億円)の資金をKhosla VenturesやMaveronらから調達している。


(photo courtesy of Spyce)

一方、学生向けローンを提供する企業「Frank」を2016年に設立し、累計1600万ドルを調達した26歳の女性起業家が、Charlie Javicだ。ペンシルバニア大学出身の彼女は学生がローンを組む場合の審査プロセスを合理化し、支援を求める学生たちが資金を受けやすいプラットフォームを構築。これまで30万人以上の学生を支援してきた。FrankにはAlephやSlow Ventures、Apollo Global Managementらが出資を行っている。

さらに、宇宙関連のスタートアップ企業で注目なのが、「Relativity Space」だ。ブルー・オリジンとSpaceXでの勤務経験を持つJordan NooneとTim Ellisが立ち上げた同社は、著名ビジオネアのマーク・キューバンの支援も受けており、累計4500万ドルを調達している。同社はロケットを丸ごと3Dプリンターで製造し、新世代の宇宙スタートアップのリーダーになることを目指している

本年度の30アンダー30で、最も巨額な資金調達額を行っている企業が、企業価値11億ドルで累計2億1300万ドルを調達したフィンテック企業「Brex」だ。スタートアップ企業向けにクレジットカードを発行する同社は、現在23歳のHenrique Dubugrasと22歳のPedro Franceschiにより設立された。

同社にはYコンビネータやDST Globalも出資し、ピーター・ティールやマックス・レヴチンなどの、「ペイパルマフィア」と呼ばれる人々もエンジェル投資家として名を連ねている

フォーブスは本年度の30アンダー30に登場したメンバーのうち、累計1500万ドル(約17億円)以上を調達したチーム30組を「BIG MONEY」というリストで紹介している。その詳細は、https://www.forbes.com/30-under-30/2019/big-money/ から確認可能だ。



編集=上田裕資

あなたにおすすめ

合わせて読みたい